■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宇宙人東京に現わる
今日、見た映画はチャンネルneco『宇宙人東京に現わる』。
この映画は、本邦初のカラーSF特撮映画である。
色彩指導をあの岡本太郎画伯が手がけている事でも
一部で有名な映画だ。
ついでに「太陽の塔」を髣髴させる、もみじ饅頭に
一つ目を付けたようなプリティな宇宙人のデザインも画伯が担当。
平成の世にグッズが大々的に販売されていないのは
甚だ残念な事である。

製作は、今は角川に吸収合併された大映。
主演は「本当ですか?山本さん!」、「そうなんですよ川崎さん!」
でおなじみ(…の、人の方が今や少数派ですね…)、川崎敬三。

仕事帰り、駅でバッタリ出会った天文学者と雑誌記者。
二人はそのまま小料理屋「宇宙軒」に繰り出す…、という
すばらしいセンスオブワンダーからストーリーは始まる。
最近、各地に現れるUFOは宇宙人の乗り物じゃないんですか?と
カマを掛ける記者。
科学者はいい加減な事は言えんよ、とかわす学者。

所変わってここはUFOの中。
宇宙の彼方から、原水爆の危険性について説きに来た
宇宙人・パイラ人。
しかし地球に現れた彼らは、そのプリティな容姿のせいで、
街中に現れただけでパニックを引き起こし、
その崇高な主張を地球人達に聞き入れてもらうことは出来なかった。
そこでパイラ人Aは
「地球人のべっぴんさんに化けて人前に出たら、
話を聞いてもらえるんじゃないんかのう?」
と、クレバーな提案。
そして、どこで手に入れたか、
日本の美人歌手のブロマイドを皆に披露。
とたんに
「こげないなげな顔になるのはイヤじゃ!」
「ほうじゃほうじゃ!こらえてつかあさい!」
と醜いなすり合い。
結局、言いだしっぺのパイラ人Aがその役を引き受けるのであった…。

お人よしのパイラ人達は、
地球人類に兵器開発を辞めさせるべく東奔西走。
しかし、地球よりはるかに高度な文明を持っている割には
間抜けでノープランな彼ら。
「♪つきが~でたで~た~」 と、温泉旅館で大合唱中の
慰安旅行のサラリーマンが、芸者さんにキスしようとして
嫌がられている現場に現れたり、池からヌッ!と現れて
釣り人の腰を抜かさせたり、のTPOをわきまえない大活躍。

山形勲が開発中の水爆以上の破壊力を持つ新爆弾を
「我々はそういう兵器は数世紀前にすべて破棄しました。
あなたも開発を止めなさい!」
と言っていたのが、
地球に巨大彗星が迫ってるのを知るや、
「すぐ作りなさい!」
あわてて作らせて彗星にブチ当てる始末。
行動のすべてが行き当たりばったりである。

映画のクライマックスは、防空頭巾を被り、列車の窓から
飛び降りて疎開する人々(終戦間もない頃ですからね)と、
引力の異常で洪水が起きた街(ミニチュア特撮)、
新爆弾を狙う東側のスパイにマニアックに縛られ、
青息吐息の山形勲の姿がカットバックで描かれる嫌な構成。
ラストは地球の危機を脱して青空がよみがえり、
巣穴に隠れていた動物達が現れる、という
『マーズ・アタック』そっくりな場面で終わる。
バートンはこの映画、見たのかな?

とまあ、SF映画としては少々、穴のある映画だが、
本編美術の金と時間の掛かりようには舌を巻かされた。
冒頭の小料理屋がある横丁など、
ステージの中にセットでキチンと作られ、
汚しまで入れてある凝り様。
やっぱり昔の映画の美術はすごい。
こういう、見える部分にちゃんと金の掛かっている
映画を見ることは眼福だ。
昨今の、小奇麗なばかりの昭和レトロ映画などは
こういう部分をしっかり見習って欲しいものだとあらためて思った。



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

大映 | 23:18:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。