■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無宿人御子神の丈吉・牙は引き裂いた
丈吉

北米版DVD『無宿人 御子神の丈吉』三部作の
1作目『同・牙は引き裂いた』を鑑賞。

製作は72年。
テレビ「市川崑劇場・木枯し紋次郎」の成功を見た
市川崑の古巣・東宝が
同じく笹沢佐保原作を大映の池広一夫を招聘して東京映画に作らせたもの。
池広監督は「紋次郎」も何本か撮っている。何でも撮るね。
主人公・丈吉に原田芳雄。いつもの(70年代の)芳雄さんだ。

元・渡世人だったが、足を洗って細工師として暮らす丈吉。
貧しいながらも妻子と幸せに暮らしていたが、仕事で遠くの街に
行く途中、かつて妻を巡って争った悪徳やくざ達に捕まってしまう。
落とし前として指2本落とされ、ようやく我が家へ帰ってみれば、
妻子は惨殺されていた。
黒幕は名高い国定忠治だと知った彼の復讐の旅が始まった。

その後、温泉宿を舞台に紋次郎ライクな展開が続くが、
そこで知り合った腕っ節の強い渡世人(峰岸徹)が実は
国定忠治だと知った丈吉。
悪人達の企みで刀を持たない丸腰で包囲され、
更に今までの展開は野呂圭介もビックリの壮大な「ドッキリ」であった事を
知らされ(そんなバカな!笑)、危機一髪。
しかし丈吉は秘技「猫ちゃんのツメ」で逆転。
そこへ前後のストーリーも破壊して都合よく現れる助っ人。
黒い三度笠に黒い合羽、おまけに黒いアイパッチ、
「超合金魂木枯し紋次郎・限定ブラックバージョン」みたいな中村敦夫だ。
2人の活躍で死屍累々、しかし忠治は逃げた。
幸薄ヒロイン松尾佳代の事はすっかり忘れ、
丈吉・ザ・リベンジャーの旅は続く。

愚直なぐらい「マンマ」な紋次郎のエピゴーネン。
丈吉が引きの画で杉の木をバックに山道をズンズン歩くところとかソックリ。
ラストに流れるイメージソングも「♪ど~こかで~ だ~れかが~」に
聴こえるし。
もちろん、つまらない訳ではない。
時代を反映して、血しぶき舞い散るマカロニウェスタン風。
殺された妻(子も)の復讐、主人公が負う肉体のハンディキャップ、と
モロに『ジャンゴ』。
アウトロー時代劇ファンなら必見だ。
同じ東京映画の『修羅雪姫』とも雰囲気が似てるなあ、と思ったが、
プロデューサーが同じで、スタッフ、キャストの一部も重複している。
国内盤未リリースなのは残念だ。

本編中、一番、印象的だったのは、
「丈吉のメインテーマ」みたいな曲が
「緊急指令10-4・10-10」のBGMと
同じメロディーでアレンジも同じだった事。
音楽は両方、渡辺岳夫さんだしね。偉大なるマンネリズムに乾杯だ!
そういえばこないだ見た『実録・私設銀座警察』の巻末の
『実録安藤組・襲撃篇』の予告のBGMは「シルバー仮面」の
流用でビックリしたっけ(音楽は両方、日暮雅信)。
まあ、どうせそんなの気になるのは俺ぐらいか…。



テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

東宝 | 18:09:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。