■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SFダンジョン・マスター/魔界からの脱出
レンタルDVD

レンタル屋のワゴンから50円で保護。
かのエンパイア・ピクチャーズ(知ってる人はover30ですね)の初期作。
昔、宇宙船で写真見て気になっていた映画だ。
こんなのDVDなんか出ないしなあ、と買ったが、
何と、DVDはとっくに出てたんだね。
しかし、ネット検索してもレンタルばかりでセルDVDが見つからない。
早々と廃盤になったのだろうか?

75分の小品。
ストーリーは、天才コンピュータ技師のポールが
魔王にさらわれた恋人を救うため、魔界をさ迷う…、と
タツノコプロの「ポールのミラクル大作戦」と同プロット!
パックンの代わりに活躍するのがカスタムメイドのアームバンド型コンピュータ。
まだ「アップル2」とかの時代だったはずだが、PDAを先取りだ。
しかし自在にレーザー光線が出る、というのはフライングしすぎか。
RPGゲームみたいに(自慢じゃないが僕はRPGってやった事ありません)
いろんなステージをさ迷うポール。
故デビッド・アレンがクリエイトする魔人像の人形アニメ
やらゾンビやらと戦うのはともかく
ヘビメタバンド「WASP(知らん)」とステージで戦うのは意味が分からん。
内容もだが、音楽や合成、セットなんかから漂う濃厚な
エンパイアフレーバー。
画面を見ながら月曜ロードショーで『エルミネーターズ』を
観た記憶が甦った(笑)
監督はエンパイアの総帥チャールズ・バンドやデビッド・アレン含め七人。
各ステージ毎に担当したようだ。
正に往時のエンパイア(帝国)の勢いを示す作品なんだが、
数年後、エンパイアは倒産。
諸行無常ですなあ…。



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

SF/ホラー | 20:03:03 | トラックバック(2) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

( レーザー )についての最新のブログのリンク集
レーザーに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
2007-12-17 Mon 20:25:53 | クチコミコミュニケーション
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スペ
タイムマシンで真弓と母親の真里子が1990年の過去にもどって、歴史をいい方向に変えた。2人はもとの2007年に帰ってくるが、そこはもといた世界と同じ世界ではない。帰ってきた世界は、1990年で歴史を変えた時点から分岐した別の時空というか、パラレルワールドの1つだろ...
2007-12-28 Fri 08:40:28 | ファンタジーを極める

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。