■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゴーストハンターズ
大手カメラ量販店のDVD500円均一ワゴンにて購入。
1986年アメリカ映画。監督はおなじみジョン・カーペンター。
素晴らしい事に「日曜洋画劇場」でオンエアしたときの吹替え入りだ。
当時、エアチェックした(ベータの)テープを無くしたのでうれしい。
カート・ラッセルが安原義人(ガチョウのモルテンの人)の声で 喋るぞ!
相棒の中国人は水島裕だ。

これのコレクターズエディションは2枚組で、以前は4000円以上もしたんだとか。
私が買ったのは2枚組の1枚目だけ入れてあるようで
特典がカーペンターとラッセルの音声解説のみ。
悔しいのでYoutubeで探して見た。

予告


ミュージックビデオ


この頃はバブルの時期で、こういったSFやホラーも特殊メイクやSFXといった技術で
人気スター出演作並みに動員できたものだ。
この映画もカーペンター作品にしては贅沢な印象を受ける。
SFXはリチャード・エドランドだし。
ただし、公開当時の評は芳しくなかったと記憶している。
正直、テレビで見たときはピンと来なかった。
なんだかガチャガチャと賑やかなばかりで意味が分からなかった。
いま、あらためて見ると金が掛かっているだけあって
アクションと合成とクリーチャーのごった煮、なんでもありの楽しい映画だ。
アメリカ映画にカンフーアクションを取り入れた先駆けとも言えるのでは?
さすがカーペンターだ。

主人公のラッセルは腕っぷしの強さ、というより
ここぞと言う時の運の良さで最後まで生き残る「とってもラッキーマン」だ。
ラスボスのローパン(普段は悪魔のいけにえのジジイ風、変身すると布施明風)も
***の一撃で倒してしまうし。
ローパンの配下、ボディビルダーになった加藤剛みたいな
七三の男は『少林寺への道』の主役の人だって。
『少林寺への道』、テレビで見たような、見てないような。
同じく配下の編み笠の三人組はきっと『三途の川の乳母車』の
弁天来の三兄弟の影響だろう。変な武器も持ってるし。

しかし何より、この映画に対する深い愛着を語る
カーペンターとラッセルのコメンタリーが素晴らし過ぎる。
こういう人になりたい、とちょっと思った。



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

カーペンター | 13:34:01 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
マイ・フェイバリット・ムービー!
テレビで見てブッ飛びました。
主人公がバカで弱い映画って大好き!
「Xメン」のウルヴァリンもそんな感じで好きです。
2007-12-17 月 18:40:05 | URL | タールマン [編集]
>タールマンさん
カート・ラッセルもスネーク・ブリスケンとは180度違う役を
うまく演じていましたね。

しかし僕は『ゼイリブ』と記憶がゴッチャになっていて
主役がラッセルだったかロディ・パイパーだったか
曖昧になっていましたv-8
2007-12-17 月 19:37:50 | URL | 赤ペン [編集]
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2007-12-24 月 00:06:01 | URL | みんな の プロフィール [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。