■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る
ドクロを取った状態

藤岡琢也が亡くなった。
フジタクと言えば我々の世代にとってはやはり「サッポロ一番」のCMで十年一日の如く唄い踊っていた色眼鏡のおっちゃんではないだろうか?一時期、エースコックのCMで石立鉄男が「わーかめスキスキー!」と叫んでいたのはきっと対・フジタク対策だったのだろう。しかし石立CM終了後もフジタクCMは続き、本家の強さを見せつけた。
珍しいところでは劇場版『うる星やつら2』の夢邪鬼。イイ声だった。
近作では『渡鬼』の鬼役か。最近、鬼役がフジタクからスーパージャイアンツにチェンジしており、てっきりフジタク亡くなってるもんだとばかり思い込んでいた…。大変失礼しました。
今日はいつものごんべすコレクションより『紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る』を視聴。
これにフジタクが出てるという事は前々から聞いていたが今回が初見。
'72年東宝製作。脚本・笠原良三。監督は『東京湾炎上』の石田勝心。
公園でフジタクの紙芝居を見ていた異常に老けた画学生・小林桂樹が空腹のあまり卒倒するシーンからスタート。フジタクの家でドンブリメシ二杯をかき込む桂樹。気分は裸の大将だ。
絵の腕を認められた桂樹はフジタクの紹介で因業な紙芝居元締・北林谷栄&小沢昭一親子の許で紙芝居画家となり、やがて一世を風靡した『黄金バット』を手掛ける、という紙芝居業界栄枯盛衰ストーリー。
どう見ても中年の桂樹が30前の青年だったり、桂樹vs昭一の恋の鞘当て、とか異様なシチュエーションの連続だが、それもそのはず、この映画は戦前から戦時中、戦後のテレビの登場までを描く大河ドラマ。ストーリーの進行とともに違和感は無くなってくる。
出演者の中では小沢昭一が「戦前・エセ左翼→戦中・物資横流し→終戦直後・ニセ三○人→戦後・インチキ芸能プロ社長」というC調な役柄を「小沢昭一的こころ」たっぷりに演じていて素晴らしい。
我らがフジタクは妻子を養うための紙芝居で名調子を聞かせる。紙芝居に没頭するあまり、妄想の中で黄金バットに変身、リングでナゾーと一騎打ち→勝利して妻の石井富子と熱い抱擁、といったフジタクマニアには堪えられない場面も(画像参照)
一応、喜劇仕立てなんだが最後はテレビに押され没落した紙芝居業界、という湿っぽい場面で終わる。
更には「懐かしの紙芝居コンクール」会場に向かうフジタクが車に轢かれ即死、とダメ押し。
どうも日本の喜劇は油断すると最後に湿っぽい方面に収束される傾向にあるなあ。
しかしフジタクの名調子は十分、堪能できた。ご冥福を祈ります。







テーマ:邦画 - ジャンル:映画

東宝 | 17:32:03 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
HPやブログをお持ちの方なら、どなたでも簡単に副収入を得られる
アフィリエイトのご紹介です!!
あなたのページにバナーを張るだけで

《 1クリック1円 ~ /登録1件1000円以上 》

と幅広い報酬が得られます。
この機会にあなたも高収入サイト運営者になりませんか!
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://page.freett.com/hukusyunyu/?fcs2
2006-10-26 木 17:35:14 | URL | e-アフィリ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。