■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キングボクサー 大逆転
レンタルDVDにて。
'72年香港ショウブラザース製作。主演は「吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー」の悪役ロー・リエ。
冒頭、『ウルトラマン』のオープニングみたいな影絵に文字のタイトルバック。ただし影絵は怪獣のシルエットではなくよくわからない適当な形。
田舎のカンフー道場に通う青年・チャオ(ロー・リエ)。腕を上げたチャオにもはや教えることの無くなった師範は武術家・スンの弟子になる事を命じる。親代わりの師範を想い、師範の娘・インインを愛するチャオはためらうが、スンに弟子入りする事になる。
スンの道場で待っていたのは過酷な下働きの日々だった。重労働にじっと耐えるチャオ。一年後、スンは弟子入りを許す。重労働はチャオの肉体と精神を鍛えるためだった。
稽古を始めたチャオは見る見る上達。中村嘉津雄似の兄弟子も押しのけ、秘伝の鉄掌を伝授される。面白くない兄弟子は悪の道場主・モンと結託。チャオを罠にはめリンチ、手を潰させる。
武術大会を目前に傷心のチャオだが、師範ともう一人の兄弟子に鍛えられ回復。嘉津雄似と武術大会出場を賭けて試合、見事、勝利する。
チャオに敗れた事をモンに報告した嘉津雄似は用心棒の日本人武術家・岡田らに叩きのめされ、モンの息子に目玉をえぐり取られ、街へさ迷い出る。
ついに武術大会。勝ち上がったチャオはモンの息子と決戦。必殺の鉄掌で勝つ。歓喜に沸きあがる会場。そのドサクサにスン師範はモンに暗殺される。
モンが道場に帰ると暗闇の中に嘉津雄似。「ここなら互角」と襲い掛かり、モンの息子の目をえぐる。抵抗するモンは誤って息子を殺してしまう。モンは嘉津雄似を殺した後、スンの仇を討つためやって来たチャオの前で自殺。
モンの道場の帰り道、襲い来る岡田。日本刀の攻撃に苦戦するチャオだが必殺の鉄掌が炸裂、勝利する。
この映画は当時、欧米で公開されヒット。目玉をくりぬいたり、手刀で額がゴケミドロみたいに裂けたりといった残酷描写がうけたのだろう。それを見たワーナーが「燃えよドラゴン」の製作を決めたというから人気の程がうかがえる。だが日本では「燃えよドラゴン」公開後に公開されたが、ヒットしなかったという。主演のロー・リエは栄養状態の良い爆笑問題・太田みたい。他の人も泥臭い男ばかり。ブルース・リーのような華も武術の冴えもないのでは無理な話だったのだろう。ストーリーは善対悪の道場~悪の道場の日本人用心棒~リンチ~ハンディキャップ~修行~復讐~勝利というお決まりのパターンな上、キャラクター描写が適当で、悪だった奴がいきなり善に寝返ったりご都合主義の嵐。あと目玉えぐられたら普通は痛みでのた打ち回るんじゃないのか?殺陣も吹替え丸出しであまり迫力が無い。しかし主人公の感情が高ぶると『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲のイントロのサイレンが鳴り響き、鉄掌を使うと手が光る(ただし、合成ではなくて照明効果で)のが面白い。『アイアンサイド』のイントロ使用はこれまた『キル・ビル』で「オマージュ」という名のパクリをされている。マニア向けのカルトな一本。





テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 14:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。