■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボディガード牙 必殺三角飛び
決闘

'73年東映東京。監督・鷹森立一。
徹心会空手会長・大東徹源(演ずるは大山倍達!だが声は吹替え)に鬼哭流空手・鮫谷一貫(石橋雅史)より果たし状が届く。手紙を受け取った牙直人(千葉真一)は会長に代わり決闘を受ける。嵐の中、行われる決闘。止めに入った牙の妹・志穂美悦子は鮫谷にバラ手で目潰しされ失明。怒りに燃える牙は鮫谷を必殺技・三角飛びで激殺。法治国家の日本では当然、逮捕されて実刑判決を受け服役。
出所した牙を迎えるプレイガール・桑原幸子。桑原の情夫でクラブ経営者・深江章喜は牙に自分のクラブの用心棒にならないかと誘う。だがそれは店にたむろする室田日出男率いるヤクザ達と縁を切るためだった。その中の一番の凄腕・郷エイ治は鬼哭流の遣い手。鬼哭流との決着を付けたい牙は深江の申し出を受ける。
深江と室田、それにトルコ経営者・戸浦六宏の三人は三年前、一緒に米軍基地で強盗をはたらいて成り上がった仲間。しかしクラブ経営者として成功した深江は金を無心する二人を疎ましく感じ、縁を切ろうと思っていたのだ。
ぼったくりバーで法外な金額をふっかけられ、困っていた牙を助けた島唄を唄う娘・マリ。牙と親しげに街を歩いていたマリは室田一味に襲われ乱暴される。
深江のクラブに現れる牙の刑務所仲間・渡瀬恒彦。渡瀬は三人の強盗計画に利用された上に罠に嵌められ、刑務所で服役していたのだ。分け前とこの三年間に稼いだ金の4分の1をよこせと迫る渡瀬。同じ弱みを持つ三人は一致団結。
渡瀬は恋人・マリのところへ。マリが乱暴された事を知った渡瀬は三人の元に殴りこみ。用心棒である牙はわざと渡瀬を逃がす。
三人の下へ金を取りに行った渡瀬は罠に嵌められ、郷エイ治らに惨殺される。怒りに燃える牙は三人と配下のヤクザ達を次々倒す。しかし郷に目潰しされ一時的に失明。そこへ視力の回復した志穂美悦子がやってきて郷の位置をナビゲート。必殺三角飛びで激殺!今度は逮捕されることなくエンドマーク。

梶原一騎原作の劇画「ボディガード牙」を元にしたシリーズ二作目。原作者に遠慮したのか飛躍が少なく、正直あまり面白くなかった一作目と比べソニーチバテイストが濃厚になり、面白くなっている(とはいえ、「一作目と比べて」と但し書き付きでだが)。開巻早々、好敵手・石橋雅史とタイトルバックで死闘を展開してくれるし、服役中やぼったくりバーでのバイタリティあふれるやり取りは妙にクールでストイックだった一作目とは別人のよう。いつもの「千葉ちゃん」である。深江の用心棒になった後は東映空手映画のお約束「空手家ミーツ暴力団」といういつもの話になってしまうが。このシリーズはその後に大量に作られるソニーチバ主演空手映画のはしり。目潰しで失明といった描写もあるが、目玉が飛び出たり、内臓を掴み取ったりといったやり過ぎなバイオレンス描写はまだ無い。その方面を期待すると少々肩透かしを喰らうかもしれない。「牙」シリーズはこの二作目で終了。この後は同じく梶原原作・ソニー主演で大山倍達の実録物「けんか空手(空手バカ一代)」シリーズが始まる。実録のはずなのに創作の「牙」シリーズより荒唐無稽な展開になってしまうのが東映風で楽しい。





テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 21:54:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。