■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河内のオッサンの唄
拓ボン&純子

'76年東映東京。監督は「狼やくざ 葬いは俺が出す」の斉藤武市。
バクチに目がない河内松原の白タク運転手・川谷拓三は同じくピラニア軍団・室田日出男とライバル関係。今日も闘鶏で勝負。敗れた拓ボンは頭に血が上って乱闘をはじめる。そこにタイトルとテーマソング「河内のオッサンの唄」。
河原をミニバイクで走っていた花火工場の工員・夏純子は町田政則(またかよ!)率いる祭の法被を着たチンピラ達に輪姦されそうになる。そこへ助けに入る拓ボンだが、ガメつい純子は助ける時に使った花火の代金を拓ボンに請求。意気消沈の拓ボン。
拓ボンの隣近所は地域の繋がりが濃厚な土地。今日もタコ焼き屋の榎木兵衛・花柳幻舟夫妻が夫婦喧嘩の真っ最中。そこへ大酒のみの六升のオバハン・ミヤコ蝶々がケガをして担ぎ込まれてくる。お礼参りだと隣町の土建屋に殴りこむ河内松原の人々。当然全員逮捕。しかし警察署から解放される男達を女達は花火を鳴らして歓迎。そのままみんなで飲み会。
そこへ蝶々の娘・奈美悦子が東京から帰ってくる。歓迎する街の人々。しかし悦子の表情は何故か暗かった。
朝からサイコロバクチでツキまくりの拓ボン。賭場で海苔巻きを売っていた純子は拓ボンにサシでの勝負を挑む。「足りない分はウチの体や!」と宣言する純子。バクチの結果は拓ボンの勝ち。しかし意外にも照れ屋の拓ボンは金も純子もほっぽって家に帰る。一人で枕を抱えている拓ボンのところへ押しかける白無垢の純子と街の人々。『バクチのカタはちゃんとつけるのが河内モンの仁義』と二人の結婚式を始める。夜を徹しての宴会に家を占拠された二人は外の田んぼで初夜を過ごす。
眠っている拓ボンの車にぶつかってくるダンプカー。運転していたのは東京から来た若者・岩城滉一。突然、拓ボンに「舎弟にしてくれ」とまとわりつく滉一。最初は逃げ回っていた拓ボンだがあっさり家に連れ帰る。
新婚の拓ボンの夜の営みの声にたまりかね股間を押さえて外へ飛び出す滉一。はずみで風呂屋の娘・梅子の初体験のお相手。風呂屋のオヤジは怒り狂うがあっという間に「娘をよろしく」と和解。性にオープンな気風のようである。
拓ボンは懲りもせず室田と闘鶏勝負。負けた拓ボンは室田にバクチのカタに純子を連れて行かれる。憔悴する拓ボンだがそこへ帰ってくる純子。室田とのバクチで勝って無傷で帰ってきたのだ。ホッとした拓ボンは室田と飲み明かす。
梅子と大阪のディスコへ遊びに行った滉一は今井健二率いる東映東京ヤクザ軍団に脅される。組員だった滉一は組長の女・奈美悦子を連れてヘロインを持ち逃げして追われていたのだ。梅子の機転でその場は逃れるが、ヤクザたちは河内松原の街へやって来た。ヤクザの車の前に立ちふさがった蝶々は撥ね殺される。遺言どおり河原で野焼きされる蝶々。
「ガルシアの首」よろしく一人新幹線で東京のヤクザに殴りこみの拓ボン。しかしこの映画は「カオルちゃん最強伝説」ではない。あっという間に袋叩き&つまみ出される。再び組を訪れた拓ボンは金庫のカギを呑み込んで「ヘロインはこの金庫に入っている」とウソをつく。組に監禁された拓ボンは無理やりの食事&イチジク浣腸責め。しかし隙を見て悦子・滉一・梅子と逃げる。
刺青シャツを着て殴りこみの拓ボンに「関東の連れション」と同行する滉一。ダンプでやって来た室田も加わって三人で殴りこみ。ヘロインの取り引き現場を急襲し、金とヘロインを奪って空にばら撒く。騒ぎに駆けつけた警官隊に逮捕される一同。パトカーに乗せられ「ワイらなんで手錠かけられとるんか?」と聞く拓ボンに「重要参考人やさけの」と答える室田。笑いあう三人で「終」。
当時のヒットソング・ミス花子の同名曲をモチーフにした映画。舞台は河内だが製作したのは東京撮影所。しかし意外にも違和感が少ない。主役の拓ボンはじめミヤコ蝶々、花柳幻舟ら関西ネイティブの出演者達が河内の猥雑な下世話グルーヴ感を醸し出しているからだろう。拓ボン主演だけあってピラニア軍団たちが次々にワンポイントリリーフ出演。粉まみれになる成瀬正がおかしい。この時期の岩城滉一はホントに反町隆史そっくり。顔かたちだけでなく、滑舌の悪いところまで。演技もまだたどたどしいが、逆にそれが東京から流れてきて居場所がない若者にピッタリハマっている。ストーリーは最初は少し乱闘シーンが多めの松竹人情喜劇のような展開だが、蝶々が殺されたあたりから「不良番長」や「まむしの兄弟」のような東映任侠モノの変形にシフトチェンジ。だからと言って梅辰や文太のような超人ではない拓ボンは殴りこんでもすぐに袋叩きにされる。主役になっても見せ場は「仁義なき戦い」や東映ポルノで全面展開していたメチャクチャに責められる場面。口の中に無理やり食べ物を詰め込まれるシーンなどは笑える。しかし縛られた上、今井健二に浣腸されるSMポルノみたいなシーンはやりすぎでは?(笑)バイタリティー溢れる佳作。




テーマ:邦画 - ジャンル:映画

東映プログラムピクチャー | 22:03:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。