■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
十七人の忍者
里見浩太郎、若い!

広島映像文化ライブラリーにて鑑賞。
'63年東映京都製作・長谷川安人監督。モノクロ・ワイドスクリーン。
将軍家の世継ぎ争いを巡る謀反の影が。老中は伊賀忍者・甚伍左(大友柳太朗)に、謀反の連判状を手に入れよと命ずる。甚伍佐は配下の忍者十六人を江戸城に潜入させる。しかし、そこには隠密対策に金で雇われた根来忍者の才賀(近衛十四郎)が待ち構えていた。
タイトルからすると主人公となる忍者は十七人。顔と名前を覚えきれるだろうかという不安も束の間。あっという間に八人が殺され、甚伍左も江戸城に囚われの身となる。そこからは若い美形忍者・半四郎(里見浩太郎)をリーダーとする八人の地味だがリアルな江戸城攻略戦。やがて八人の仲間は次々に才賀に倒され、甚伍佐の妹で半四郎の恋人・こずえ(必殺シリーズでおなじみ三島ゆり子。若い!)も囚われの身となり、残るは半四郎と先輩忍者・文蔵(東千代之介)だけになる。厳重な警備に身動きが取れない二人。しかし文蔵の文字通り身を捨てた活躍で半四郎は目指す鬼門櫓に攻め入る。一方、囚われの甚伍佐は拷問で足を潰されていたが、巧みな心理戦で才賀を逆上させる。暴れ出た才賀は半四郎とこずえによって倒される。甚伍佐は二人に幸せに暮らす事を言い残し、息果てる。謀反の計画は未然に防がれ、山には旅立つ若い二人の男女の姿があった。
東映集団時代劇の嚆矢となる一本。既に邦画の斜陽期に入っていたのだろう。それまでの東映風のスターにバッチリ照明が当たった極彩色の映像とは違うモノクロワイドスクリーンの陰影を多用したクールなタッチ。歴史の狭間に暗躍した忍者達をリアルに描き出している。主演は現・水戸黄門である里見浩太郎だが印象は薄い。実質的な主役は甚伍佐・大友柳太朗。豪放磊落な素浪人役が印象深い大友だが、このような冷たく理知的なリーダー役もバッチリ嵌っているのはさすが。敵役の近衛十四郎との駆け引きは見応え充分。近衛といえば素浪人花山大吉。焼津の半次・品川隆二は伊賀忍者役で出演している。すぐ殺される忍者役で汐路章、セリフの無い江戸城の射撃手の一人として川谷拓三も顔を見せている。徳川の治世となり時代遅れの存在になってしまった忍者達。敵側の才賀も只の悪役ではなく、身分の低さゆえ疎んじられ、苦悩する男として描かれている。単純な勧善懲悪時代劇とは一味違う味わい。傑作!



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

東映プログラムピクチャー | 17:59:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。