■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カービン・シャドー
バイクは正しく乗りましょう

ドラマ「ワイルド7」は同名コミックを国際放映にて実写化した30分のテレビシリーズ。国際放映は「ケンちゃん」シリーズなどで有名だが、元々は新東宝が名前を変えテレビ製作専門となったスタジオ。東宝のテレビ部門の下請け製作(「太陽にほえろ」とか)も行っていたが、ワイルド7は自社製作である。本作には当時既に一般映画製作を中断していた日活から長谷部安春と江崎実生が参加。特に長谷部監督はメイン監督として活躍。夜7時の子供番組とは思えないバイオレントな映像を作り続けている。今回は全25話の中でも私が最高傑作と信じる一本、長谷部監督の手による「カービン・シャドー」を紹介する。

ある夜、会社社長が暗殺される。その会社は悪の秘密結社・ブラックスパイダーへの協力を拒んだために見せしめに狙撃されたのだ。ワイルド7の隊長・草波(川津裕介)はその手口からアメリカの殺し屋・カービン・シャドーの犯行と断定。次のターゲットになる社長を護衛するためワイルド7と共に社長の静養先の群馬県・伊香保温泉に向かう。狙撃ポイントを確認に行った八百(ジーパン刑事射殺犯・手塚茂夫)は途中で寄ったクレー射撃場で見事なガン捌きを見せるストライプコートの男、郷英治(『エイ』は本当は金へんに英)と出会う。男がカービン・シャドーだと確信した八百はバイクで後を追い、一軒のバーへ。バーテンは日活ニューアクションでよく見かける脇役・沢美鶴。席に着くなりしなだれかかってくるホステスにも表情を変えないニヒルなシャドーに無言でダイス立てを挑む八百(快傑ズバット!)。見事に立つ八百のダイス。しかしシャドーのダイスは立ってる上に1のゾロ目。店を出ようとするシャドーにバーテンが伝票をかざして、
バーテン「お客さん、忘れもんで。しめて5万と7千円!これでも銀座あたりに比べりゃ安いもんでしょう!」
シャドー、表情も変えず
「…ツケといてくれ」
バーテン「ふざけちゃいけませんぜ!」
とアイスピックふりかざし、どこからか現れたチンピラたちと共に襲いかかる。八百も加わっての乱闘の末、全員叩きのめすシャドー。こういうシチュエーション、普通の子供番組ならこの店は実はブラックスパイダーの罠で、という設定がありそうなもんだが、この番組の場合、ホントに温泉場のぼったくりバー。夜の巷の血と暴力の匂いが漂ってくるようなアダルティーぶり!(笑)
シャドー攻略に頭が一杯の八百はホテルの温泉風呂に入っても気もそぞろ。そこへやってきた世界(マイケル中山)が洗い場に落ちていた石鹸に滑って転んだのを空中一回転して逃れた所を見た八百は対決の時、一回転して相手の的を外し、その隙に撃つ事を思いつく。さっそく和風ホテルの座敷で仲間と一回転の特訓を開始する八百。その姿はまるで修学旅行でハメを外す悪ガキ達だ(笑)
社長のゴルフに同行する八百。案の定現れるブラックスパイダーの刺客。雑魚を倒し、ボス・スネークを追跡する八百だが追い詰めた砂利山の稜線にはズラッと並んだスパイダーの構成員達が!合流した他のメンバーと共に敵を片付け、スネークを撃つ八百。瀕死のスネークは立ち去ろうとする八百に拳銃の狙いを定めるが、シャドーのカービンが火を吹いた。
シャドー「お前は俺が倒す!ナンバーワンは一人でいい」(『殺しの烙印』!)
ついに一対一の決闘。見守るワイルド7達。
火を吹く2つの銃。しかし八百の戦法が見事に決まり、フッと微笑みながらその場に倒れるシャドー。ワイルド7達はいつも通り死体も片付けず帰っていった。

長谷部監督は続く「スパイダーから来た女」では、虫の息のスパイダー構成員にワイルド7がマシンガンを叩き込み、痙攣させて大笑いするという凶悪な場面を撮っている。まさに日活ニューアクションが家族団らんの茶の間に牙を剥いた瞬間だ。PTAが選ぶワースト番組だったという話も納得。黒のストライプのコートにサングラスのカービンシャドーを演じた郷英治のカッコよさも特筆したい。単細胞で粗暴な男を演じ続けたような(直撃!地獄拳のトンチキさんとか)郷の生涯でもっともカッコいい役かもしれない。日活ニューアクションファン必見!



テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV | 15:12:52 | トラックバック(2) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

集まれ武器マニアの『カービン』について
カービンカービンとは、通常の小銃より銃身が短い騎兵銃のことであり、今日では、馬上で扱わなくとも銃身が短め(概ね80cm以下)の小銃を指す。騎兵銃のはじまりは、軍用馬を使用し斥候、伝令、偵察等を任務とする兵士が従来の歩兵が使用する長小銃では取り回しが不便で馬上
2007-02-08 Thu 22:31:27 | 集まれ武器マニア
国際放映について-いろんな会社のご案内
国際放映株式会社国際放映(こくさいほうえい、''International Television Films, Inc.'')は、日本の放送番組制作会社である。業界では最大手と言われる。劇場映画の製作も行なった。本社所在地は東京都世田谷区砧。ジャスダック証券取引所上場。(証券コード:9604)阪急
2007-03-04 Sun 23:40:32 | いろんな会社のご案内

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。