■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
女必殺五段拳
世界に羽ばたいてます

'76年東映京都。監督はソニーチバ「殺人拳」シリーズの小沢茂弘。
菊(志穂美悦子)は京都の裕福な呉服問屋の娘。しかし大変なオテンバで見合いの席を抜け出し、空手の稽古に行く始末。そんな娘を母は苦々しく思うのだが、婿養子で頭の上がらない父親はこっそり菊の味方をするのであった。父親役は「殺人拳」にも出演している正武館の鈴木正文館長。しかし空手家としての出演ではなく、役者としての出演。なんで?本人が出たがったから?「激突!殺人拳」の時は完全な棒読みだったが、今回は多少、演技が上達しているようで。とはいっても明らかに素人なんだが。
所変わって「極映撮影所」と看板が出る東映京都撮影所。極道の映画ばっかり作ってるからか?ここでは映画撮影を隠れ蓑に国際的な麻薬取引が行われていた。謎の円盤UFOもビックリの大胆な設定!しかし自分らが悪人という脚本がよく通ったものだ…。
菊と共に空手を習う白人娘のミッチー(ジャッカー電撃隊のミッチー・ラブ)の夢は兄と慕う黒人青年ジムと故郷・沖縄でレストラン経営をする事。しかしジムは金を手に入れるため己の空手の腕を使って麻薬組織の依頼で殺人を犯す。事情を知らぬ菊は麻薬Gメン・渡瀬恒彦に追われるジムをかばう。組織に裏切られ、金を手にしてミッチーと逃げようとするジム。しかし追い詰められ射殺されてしまう。
ジムの敵討ちを誓う菊とミッチー。渡瀬に協力を願い出る菊だが、「亭主にうまい料理をくわせ、子供を立派に育てる事が女の幸せだ」と、世の女性方に言ったら200%反発されそうな事を言って断る渡瀬。そこで菊は単独行動を決意。
組織のアジトである韓国パブにホステスとして潜入するミッチー。ジムの仇を見つけ、ヌンチャクで挑みかかるミッチーだが取り押さえられ、監禁される。
渡瀬は捕まえたジム殺害犯の名刺から古美術商・汐路章の店を家宅捜索するが、直後に「48時間捜査を中断しないとミッチーを殺す」と脅迫電話を受け、捜査を断念。
ヒッピーのアクセサリー売りに化け汐路の店を張る菊。撮影所長・川合伸旺との関係を知った菊は時代劇の小姓の役で撮影所に潜入。衣装倉庫に監禁されていたミッチーを救出するが、自身は捕まって監禁される。その時、主役スター・田中浩以下、警備員を含む撮影所の人総出で菊を捕まえるのだが、全員が悪人だったって事か?なんとも露悪的な視点…。
菊の父親からの連絡を受けた渡瀬は撮影所へ。丸太と共に電ノコでまっぷたつという古典的な目に遭っている菊を救助。菊と共に田中浩も片桐竜次もなぎ倒すが、自らは悪の凶弾に斃れる。絶命した渡瀬に絶叫する菊で「完」。
80分以下の小品。ストーリーの前半は麻薬組織の暗躍とそれを追うGメンが中心で、主人公のはずの菊はストーリーの中心から微妙に外れた存在。菊が撮影所で暴れまわる後半は期待通りのアクションの連続だが、コミカルタッチで始まった映画がラストは悲劇って明らかにバランスが悪い。ありきたりなストーリーの中で一番面白いのは撮影所内での描写。チャンバラトリオも出演、撮影所をよく知る者だからこそ出来る楽屋落ちが楽しい。もちろんハリセンも登場。でもこの人たちも悪人だったって事?
しかしタイトル「五段拳」の意味は?劇中での菊は空手三段なんですが。





テーマ:好きな俳優 - ジャンル:映画

スー・シオミ | 19:47:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
何か気になるw
志穂美悦子が、懐かしい。そして説明に笑いが(すみません)

よく映画に出ていたような気がするんですけどどうでしょう?志穂美悦子。懐かしいですね。

つかこうへいの作品に出てましたよね?
2006-06-03 土 22:58:47 | URL | かおり [編集]
悦子もすっかり懐かしい人になってしまいましたね。
欽ドンにも出てました。ヌンチャク回したりして(笑)
しかし、なんで「ピーピー(自粛)
2006-06-03 土 23:09:39 | URL | 赤ペン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。