■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蛇娘と白髪魔
主演は松井八知栄

レンタルビデオにて。
'68年大映製作。監督は昭和ガメラシリーズの湯浅憲明。
怪奇漫画の巨匠「楳図かずお」を原作者(タクシーの運転手役で出演するサービスシーンもあり)に冠したこの映画、タイトルから「へびおばさん」など一連の蛇女モノのような内容かと思いきや、『タマミちゃん』でおなじみ「赤んぼう少女」をベースに楳図漫画の他の作品の要素を加えて映画化したものだった。「吸血鬼ゴケミドロ」そっくりの不穏なテーマ曲(作曲は同じ菊池俊輔)に乗せ暗い白黒画面の本編スタート。
孤児院で育ったサユリは、突然現れた実の父に引き取られ家に帰ることに。家には交通事故で少し頭のおかしくなった母親と住み込みの家政婦がいた。有頂天になるサユリだが、父親の海外出張中、夜中に母親が奇妙な行動をしているのを目撃。それを問いただすと、屋根裏部屋には姉のタマミがいると言うのだ。その日から下の部屋で一緒に暮らすようになるタマミ。タマミは顔面にあざがある上、幼い頃に蛇に噛まれたショックで自分を蛇だと思い込んでいる娘。美しい小百合に対し陰湿な嫌がらせを繰り返す。耐えるサユリだがとうとう孤児院に逃げ帰り、自分の出生の秘密を知る。サユリとタマミは産院で取り違えられており、両親の実の娘はサユリだったのだ。秘密を知ったサユリに謎の白髪魔の魔の手が迫って…、と言う内容。
けなげな少女、サユリには気の毒だが、見ている間中、タマミに感情移入しっぱなしだった。醜い姿にコンプレックスを持ち、長い間、屋根裏部屋で一人で暮らして性格のねじれきったタマミは悲しすぎる。まるで「バットマンリターンズ」の怪人ペンギンだ。サユリに対する嫌がらせも思春期の少女特有のエキセントリックさ故だと思えばそれほどひどい事とも思えないし。
ラストは家政婦が化けていた白髪魔にそそのかされていたタマミがベランダから落とされようとするサユリを助けようとして白髪魔に突き落とされ絶命。タマミが頭にぶつかったショックで正気に戻った母と海外から帰ってきた父と三人で笑顔で墓参りをするサユリ、という取ってつけたようなハッピーエンド。サユリの心の中のイメージでにっこり微笑むタマミがラストシーン。誰からも愛されなかったタマミは死ぬ事でしか救われなかったと言う事か。なんだかやりきれない。
と、まあ鬱になる事請け合いのこの映画だが心に残る事は間違いない。しかしひとつ引っかかるのがサユリの憧れる孤児院で働くお兄さん役が平泉征(現・成)である事。頼もしい事は頼もしいんだけどそのルックスは既にチンピラヤクザにしか見えない。当時の大映には若いイケメン俳優がいなかったの?







テーマ:ホラー - ジャンル:映画

大映 | 00:30:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。