■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
狼やくざ
「葬いは俺が出す」より

今回はソニーチバ主演「狼やくざ」シリーズ全二作を鑑賞。このシリーズはチバの「やくざ刑事」シリーズ終了後に始まったもの。体制側の「刑事」の後は反体制側の「やくざ」で、と言った発想なんだと思います。まずは一作目「殺しは俺がやる」。監督は「キイハンター」などチバとテレビで組む事が多かった鷹森立一。やくざの組長の息子、チバは沖縄に行っている間に敵対組織に父親を殺され、組を潰され復讐をする、という単純なストーリー。復讐物で主人公は黒ずくめのコスチュームと無精ヒゲ、そしてラスト前に両手を潰され、改造銃で戦う、と分かりやすすぎるほどに「続・荒野の用心棒」をパクった内容だが、見終わった後に爽快感のかけらも無いのは何でだろう。終始陰鬱な話だった。そんな内容を反省したのか二作目「葬いは俺が出す」は設定を一新。監督も日活「渡り鳥」シリーズの斉藤武市に交代。陽性な内容に生まれ変わっている。米兵と武器の売買をしていたチバは依頼主・深江章喜に裏切られて相棒を殺され、悪徳刑事・成田三樹夫に逮捕される。刑務所内でも暴れまわっていたチバは元ボクサー・藤竜也とダチになり、外へ出たら一緒にヤマを踏もうと約束。やがて沖縄返還恩赦で釈放された二人はチバをハメた大組織に挑む、と言う内容。チバを取り巻くはみ出し者グループは藤、内田良平、誠直也、堀田真三、渡瀬恒彦。そして後に仲間になるのが深江章喜と土山登士幸(ジャイアントロボの中身の人)となかなかいい顔ぶれ。この頃の藤竜也はコカコーラ飲むなんでもないしぐさすらサマになっている。さすが日活ニューアクションの看板俳優。堀田真三が敵ではなくて主人公グループ側の映画は珍しいのでは?やがて誠直也、藤竜也が敵の凶弾に斃れ、一致団結して殴りこみ、という展開は東映作品のお約束ですな。敵のアジトに潜入するため断崖絶壁で無謀なロープアクションを敢行するチバ、という見せ場の後、最後の戦い。激闘の末、ヤクザの幹部になっていた服部刑事に引導を渡してEND。そういえばチバの元情婦のクラブ歌手役で池玲子も出演しているが、男臭い内容ゆえ妙に存在感が薄い。それでもクラブのシーンでの歌唱力には耳を奪われるが(下手すぎて)。





テーマ:好きな俳優 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 13:14:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。