■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SPIRIT
近所のシネコンにて鑑賞。
タイトル見て「ああ、最近よくある英単語タイトルのお上品なお芸術香港映画か…」とスルーする予定が原題「霍元甲」と知っていそいそと映画館へ。
霍元甲は実在した武道の達人で 精武門という道場を作った事で知られている。若くして病死しているが、日本人に毒殺されたのだという説も根強い。ブルース・リー「ドラゴン怒りの鉄拳」は原題「精武門」で、悪い日本人に殺された霍元甲の 弟子の復讐譚。
観に来てるのは自分みたいなジージャンズばっかりかな?なんて予想に反して客の大部分はカップル。祝日のレイトショー、映画の内容は何でもよかったのかな?それとも彼女がリー・リンチェイor中村獅童ファン?
思えばリンチェイの映画を映画館で見るのは初めて。「少林寺」で初めて彼を知った我々の世代は未だに「ジェット・リー」って名前が馴染まない。私は中学生の頃から「リンチェイって春風亭小朝に似てるな」と思っていたが、相変わらず庶民的だが愛想が有りそうで無い顔だ。
劇中の元甲は最初、武術は一流だが精神が未熟な男として 描かれている。実際のリンチェイも普段は無愛想でロクに挨拶もしないなんて話もあるのである意味ハマリ役だった(笑)
そんな元甲が己の未熟さゆえに何もかも失ってどん底に落ち、山奥の少数民族の人達に助けられ、人間として大事なものを見つける、という展開。
ヒロインである少数民族の盲目の女の子にちょっと萌え。NHKの朝ドラ「こころ」の主人公似でもあったが…。
最後は史実に基づいて天下一武道会(笑)。そこでやっと中村獅童登場。彼の演技は今回も正直微妙だったけど、頑張ってたのは認めたい。格闘シーンは吹替えミエミエだったけどしょうがないでしょう。リンチェイの三節棍に日本刀で互角に渡り合えるのは故・若山富三郎御大ぐらいでしょうから。中村獅童はなんたって尊敬する萬屋錦之介御大の甥。これからも自己研鑽に励んで頑張ってもらいたい。



注意!ここからネタバレあり


まさか21世紀にもなって映画館で 「怒りの鉄拳・エピソード1」を見るとは 想像もしてなかったぞ!(笑)
中国では(少なくとも映画界では)、「霍元甲・日本人毒殺説」って定説なんだな…。
ジージャンズは「こんなもんか」って感じで爽やかに席を後にしたが、カップルの皆さんはなんか腑に落ちない、といった顔でいつまでも席を立たなかった(笑)
あとエンドロールに流れる日本語の歌は何?別にこんな映画のエンディングまで差し替える必要ないんじゃない?

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 11:35:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。