■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界最強の格闘技 殺人空手
大塚剛氏

ごんべすコレクションより。
1976年製作。監督は「子連れ殺人拳」の山口和彦。
といっても劇映画ではなく、水曜スペシャル風ドキュメンタリー。
主演の大塚剛氏は「プロ空手」の創始者で、東映の空手映画に何本か出演している。
ルックスは山本麟一風の悪人面なんだが…。

「プロ空手」とは、精神性を排除して肉体を鍛錬し、勝つ事のみを追及した格闘技だという。
当時はテレビでレギュラー番組もあったらしいが未見。
今で言ったら「K-1」といったところか。

この映画は高校生の頃、日曜日の昼下がりのテレビで観て、
あまりのモンドぶりに唖然とした。
久しぶりの再見だがその衝撃はいささかも衰えていなかった。
ではその内容を紹介してみよう。

冒頭、かわいらしいマングースが蛇を食べてるシーンとシャモの闘鶏が映し出される。
自然界の弱肉強食が表されているのだろう。
そこに「宇宙猿人ゴリ」のナレーター・小林恭治のモンド感溢れるナレーション
『大塚剛、38歳。プロ空手の創設者である』。
音楽は東映作品おなじみの菊池俊輔。

その後、大塚氏の訓練ぶりが映し出される。
大根の先に鈴をつけたのを振ってもらい、
目隠ししたままサイで斬る(大塚氏より大根持ってる人の方が危ないだろ!)、
ジープで両腕に縛り付けられたロープを引っ張ってもらう(『カランバ』か!)等。
そこへなぜか迷い込んでくる野生のイノブタ(!?)無抵抗のイノブタを突きや蹴りで攻め続け、
サイで止めを刺す大塚(…)。

その後、プロ空手所属の選手達が紹介される。
稲妻豊、バッファロー弁慶なんていうリングネームがイカス。

訓練のため野山を駆け巡る弁慶選手。
カットバックされるサファリパークのサイの映像(バッファローじゃないのか?)。
ナレーション『弁慶が何かを発見した。マムシだ!』。
私の目にはシマヘビに見えるマムシを捕まえてビターンと地面に叩きつけ、
生き血を吸う弁慶。その姿はまるで見世物小屋だ。

紅幸司選手の仕事は肉屋の店員。
彼の特訓は吊るしてある肉を素手で引きちぎる事、ってその肉、商品だろ!

博多の裏町のスナックで飲んでいる選手。
帰ろうとすると数人のチンピラに「おい、ちょっと待ちない!」と博多弁でケンカを売られ、
そのまま応戦。ナレーション『プロ空手はスポーツではない』
そういう問題じゃないでしょうが!と、いった感じで
いちいち例を挙げるのがバカバカしくなるようなナンセンスぶりに唖然、呆然。

その後、訓練や試合風景が続き、そろそろ飽きたところで
大塚氏のアジア武者修行の模様が綴られる。
ここからは菊池俊輔の音楽とも相まってGメン'75香港シリーズみたいなムード。
と、いう事でまずは香港。他流試合禁止のカンフーの道場に行き、
さんざん頼み込んで入山を許可して貰うが、直後、案内の男が襲い掛かってくる。
それを皮切りに次々襲い来るカンフー遣い達。
他流試合は禁止でも挑戦する奴は即、倒せって事か?
もちろん全員打ち負かす大塚氏。

続いてマレーシアのシラリンチャンという耳慣れない国技に挑戦。
歩いていると子供に挑みかかられ、笑ってかわす大塚氏。
子供について行くとシラリンチャンの達人が!「キエーイ!」気合一閃、試合スタート。
しかし素人の私にはシラリンチャンと空手の違いは全く分かりません。
もちろん大塚氏の勝利で終了。

続いて秘境・ネパールへ。
幻の武闘集団ブルキッシュを探す大塚氏。
ナレーション『彼の目には町の女子供もすべてブルキッシュに見える』それノイローゼですよ。
シェパードやドーベルマンにしか見えないネパール犬に襲われたりしながら、
やっと本拠地を探し当てる大塚氏。ハヌマーン風の仮面を被った男と格闘スタート!
映画の残り時間が少なくなったのか、あっという間に倒される仮面の男。しかも死亡…。
土地の風習に従って川岸で火葬にされる模様まで描かれる。やりすぎ!(笑)

以上のような内容のこの映画、もちろん、一から十まで台本ありのフェイクドキュメンタリーである。
こんなの今じゃ地上波オンエアは難しいかも。
当時のカラテブームの余波が生み出した徒花としか言いようがないですね…。



テーマ:ドキュメンタリー - ジャンル:映画

東映プログラムピクチャー | 18:29:33 | トラックバック(3) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

空手の1日
糸東流の歴史や技のことだけでなく他の武道(剣術など)や文学にいたるまで著者の考察があり、とても面白く読めた。・[K-1] 金、アジアGPに出場・試練・体が沈む・「壁」を超える・ビリー・ブランクスとは?・スポーツネタ:最近良く聞かれること。「ビリーって効果あるの?
2007-07-24 Tue 13:21:34 | 格闘技をいっぱい集めました
隠されていた空手(2)
私はよくわからないが、旦那様が探してた本実は、本屋さんでも隠されていた(笑)本見てみる価値あり?賛否両論あると思いますが、一読の価値はあると思います。・・【おもしろ映像】格闘技・空手家・【おもしろ映像】格闘技・空手家・ 世界最強の格闘技、殺人空手 プロ空
2007-08-17 Fri 15:04:56 | 格闘技への思い
攻防拳法空手道入門普及版
著者:摩文仁賢和/仲宗根源和出版社:榕樹書林サイズ:単行本ページ数:219p発行年月:2006年07月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 格闘技> 空手・格闘技っす!・異種格闘技大会・【新極真会】緑健児ジュニア...
2007-09-06 Thu 12:16:03 | 格闘技がたくさん

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。