■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
激殺!邪道拳
サルと格闘

高校生の頃、地元のテレビで放映された映画。主演は世界のソニー千葉、監督は「不良番長シリーズ」の野田幸男。私が初めて観た千葉主演空手映画だ。ストーリーは、タイで幼い頃、親を殺された千葉ちゃんが、空手を教える老師に育てられるが、老師を兄弟子に殺され復讐を誓う、と、書くと典型的な空手・カンフー映画みたいだが、そう思ってみるとトンでもない映画だった。はじめこそ千葉ちゃん主演だが、やがて麻薬捜査官の山下タダシがメインの麻薬取引をめぐる攻防戦になり、その間にまた千葉ちゃんの回想が入り・・・・、と妙に複雑(と言うより雑)な構成で訳が分からなくなる。今回、これを書くためにビデオを引っ張り出してみて見たが余計訳が分からなくなった。兄弟子にボロボロにやられた千葉ちゃん、中国人の志穂美悦ちゃんに助けられ、漢方と電気治療の機械で体を治してもらうが、その機械の電流を思いっきりアップして一人SM状態で空手の特訓(ブリーフ一丁で訓練するシーンが笑える、いや泣ける)、とか、機械の副作用で体がボロボロになり、麻薬(本場ですからな)を持ち歩いて服用し続ける千葉ちゃん、とか信じられないシーンが続出。スタッフ・キャスト一同、タイの熱気に頭をやられたのか、それとも劇中同様、クスリを・・・・、なんて余計な事まで考えてしまう。猿に憑依された(?)四人の男が襲ってきて(千葉ちゃんには本物の猿に見える。それクスリの幻覚だよ!w)千葉ちゃんにやられると正気に戻ってフラフラ去っていく、とかトリップシーンも続出。その混乱振りから「もしやこの映画、タイで撮影された低予算香港映画に千葉ちゃんの出演場面を追加した映画では?」なんて考えてみたが、「企画」にも千葉真一の名前があるのでそれはないでしょう。その割にGメン香港シリーズの筋肉男・ヤン・スエ登場場面で千葉ちゃんが同一画面に映ってるカットがない、とか不自然な事が多い。スタッフの「進行」の所にヤン・スエの名前があるのも混乱振りを象徴しているかのようである。ラストシーンも不条理な結末で鬱になる事請け合い。信じられない人にはとにかくビデオ探して見ろ!と言いたい(滅多にないと思うけど)。


テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 22:13:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。