■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「男と女の間には」
最近、劇場やDVDで観た映画を紹介。

『下女』
コワい…

映像文化ライブラリーにて。
1960年製作。韓国映画の鬼才キム・ギヨンの処女作。

キム・ギヨンの評判は最近、ネット上でよく目にしていて、
どうにか観ることが出来ないか、と思っていたら、
映像文化ライブラリーで上映する、という話。
炎天下に文化ライブラリーへ急行。

券売機で入場券を買おうとすると、いつも500円のところが370円。
嫌な予感がしたが、シアターに入るとやっぱりプロジェクター上映。
おまけに完全にはフィルムが残ってないのか、
所々、傷だらけで英語字幕入りのフィルムに変わり、
場面も微妙に飛ぶ不完全な状態。
それでも、悪夢的なキム・ギヨンワールドへの入門篇には十分。
物語は、幸せなピアノ教師の家庭に下働きの下女が
やって来たことによって崩壊するまでの話。
とにかく凄い映画。
出てくる女がみんな凄い。そして魅力的。
下女役は若い頃の藍とも子を細くしたようなキュートな女優。
そんな彼女が登場早々、素手でネズミ捕まえたり、
主人公のピアノ教師誘惑したりの大活躍。
女工役の西川峰子みたいなのも強烈。
それに比べて、主人公を含む男達は皆、精彩を欠いていたが、
一人、主人公の息子役の子役(小学校低学年ぐらい)が
本気で憎たらしくて、見てて殺意すら抱くほどだった。
後で調べたら『外人球団』とかのアン・ソンギの幼い頃で
二度、ビックリ。
腰が抜けそうになる驚天動地のオチまで目が離せない映画。


『天使の欲望』
天使

「真珠夫人」「牡丹と薔薇」なんかの愛欲ドロドロドラマで
おなじみの中島丈博脚本&東映が誇る
「映画人(かつどうや)烈伝」関本郁夫監督という最強タッグの一本。
津軽から東京に出て看護婦をしている姉妹の、男を巡る愛憎が、
しまいには全裸での殺し合いに発展。
いわゆる「東映ポルノ」の一本なんだが、
エロなんかそっちのけで、
自我の強すぎる登場人物達の、極端な行動に爆笑する場面も多い、
それでいて見終わったら逞しい女の生き様が強く心に残る、
突き抜けた一本だった。
東海テレビ製作の昼ドラ好きは必見だろう。
乞うソフト化!


『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』

『バスケットケース』のフランク・ヘネンロッター、
十数年ぶりの劇場映画復帰作。

ヘネンロッターの映画は、確か十代最後の歳に、
レンタルビデオが出たばかりの『ブレイン・ダメージ』を
観たのが最初だと思う。
人間の脳を食べる怪物と、怪物に寄生され、
お返しに脳に「よくキク奴」を注射してもらって
マンモスうれP青年の物語。
チープな特撮と、「よくこんなもん映像化するよな!」という
奇想が続く素晴らしい映画だった。

あれから20年以上。
普通、こういう「昔、凄かった」ジャンル映画の鬼才が、
久しぶりに映画を撮ると、渋いけど情熱の失せた、
枯れた映画になる場合が多い気がするが、
ヘネンロッターの辞書に「老成」などという言葉はナッシング!
技術的にも昔と変わらず。言われなければ21世紀の映画とは思えない出来。
物語は、七つのファジャナイルを持つ女と、
元気すぎる「ポケモン」を持つ男のバトル。
男と女の秘め事を、てらいも無く映像化すると、
かくも身もフタもないバカ話になるのか、
と、目から鱗の素晴らしい映画だった。
ヘネンロッター、マジリスペクトっスよ!

以上三本、男と女の間の、深くて暗い河について
熟考したような映画ばかりであった。
勉強になりました。


テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

映画 | 02:46:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。