■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「活動写真の限界に挑戦して…」
久しぶりの日記は訃報。
ついに、来るべき時が来てしまった…。

「仁義なき戦い」の俳優・山城新伍さん死去
8月14日7時40分配信 読売新聞

 テレビ時代劇「白馬童子」や、バラエティー番組での軽妙な司会で知られた俳優の山城新伍(やましろしんご)(本名・渡辺安治(わたなべやすじ))さんが12日午後3時16分、嚥下(えんげ)障害による肺炎のため、東京都内の老人ホームで死去した。70歳だった。


朝、起きて最初に見たニュースがこれだった。
悲しい…。

昔、「新伍の○○」みたいな冠番組で、
口を歪めて辛辣なトーク繰り広げていた
山城新伍の事は正直、苦手だった。
しかし、ビデオで『不良番長』シリーズ観るようになってから、
シリーズ途中から参入した「五郎」役で
アドリブギャグ満載で脱線しまくる姿を見て以来、
大ファンになった。
照れも無く、ひたすら真剣にバカバカしい事を
やり続ける姿は、何と言うか、神々しささえ感じられたのだ。
まさに「活動写真の限界に挑戦」していたんだと思う。
一度でも山城新伍が出ている『不良番長』観た事がある人なら
同意してもらえるんじゃないかな?
カポネ団

そういえば先日亡くなった大原麗子も初期カポネ団員。
(安岡)力也は数年前から具合が悪いらしく、
メディアに出ていない。
番長までが、自身のブログ「梅宮辰夫の不良番長(ベタだね!)」で
こんな姿を晒している。

だから、そのうち誰かが…、とは内心、覚悟していたけど
よりによって、いつもラストで番長と一緒に生き残る五郎が、かよ!
現実は辛いなあ。

ビバ!番長!
カポネ団フォーエバー!!

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

不良番長 | 14:19:12 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
私自身はあまり記憶がないのですが
山城新伍さんは歯に衣着せぬ発言で有名だったとか
女性関係も派手で昔ながらの映画スターだったようで
今の芸能界では居場所がなかったのかもしれませんね

ご冥福をお祈り致します
2009-08-18 火 14:30:22 | URL | ニュースの門番 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。