■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山口組三代目


前回の『新幹線大爆破』と同日に、池袋文芸坐にて鑑賞。

この映画・・・・・、凄いですよ。
日本最大の暴力団組織「山口組」を堂々、タイトルに冠した作品。
チケットさえ買ってくれれば、政党だろうが宗教団体だろうが
特殊な団体だろうが、どことでもタイアップして
その団体の長の偉人伝を作る天下の東映が、ついにやった、
もとい「やっちまったなあ!」な1本。
封切り当時、コワモテの男達が劇場に詰め掛けたであろう事は
容易に想像が付く。
監督は、仁侠映画のエース・山下耕作。
主演は世界のケン・タカクラですよ!
いろいろ奇跡を感じさせる一本だ。

ストーリーは、山口組三代目・田岡一雄が、
子供時代に親が死んで親戚に引き取られて苦労しながらも、
やがて入ったヤクザ社会で出世していく様が綴られる。
しかしどうにも違和感を感じるのが、映画のタッチが仁侠映画風というか
「いつみても波乱万丈」調の「美談」に仕上がっているところ。
健さん扮する田岡一雄は「バカ」が付くほど一本気で義理に篤いわ、
仲間の田中邦衛達とのやりとりは漫才みたいだわで、
まんま『網走番外地』の主人公みたい。
しかし、ひとたびキレると何するかわからない男で、
柔道家とケンカしてバラ手で目潰ししたり、
相撲取りと揉めていきなりドスで斬りつけたりの
バーリトゥードファイターぶりを発揮。
コミカルタッチに突然、残酷シーンが割り込むので
よけい現実的な「恐怖」を感じさせる。

親分(丹波哲郎)への「義理」を重んじるあまり、
それまで一緒にバカをやってきた兄弟分の菅原文太(『まむしの兄弟』のマンマ!)を
斬り殺すラストに至っては「本当にこれでいいの?」という疑問が浮かんだ。
まあ、田岡一雄本人の手記が原作でクレジットされてるし、
「目潰し」や「殺人」エピソードも実話らしい(怖ぇーよ!!)から
これでいいんでしょうがね。
なんというか、どうにも腑に落ちない映画だった。



テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

東映プログラムピクチャー | 23:09:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。