■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オルカ


マイフェイバリットムービー『オルカ』がDVD化されるらしい。
いつまで待っても出ないのであきらめていたんだが、うれしいニュースだ。

この映画、世間では「ジョーズのバッタもん」以上の評価をめったに聞かないが、
自分的には大好きな映画。

ストーリーは、生け捕りにしようとした雌シャチと
腹の胎児を死なせてしまったノーラン船長(リチャード・ハリス)を
夫の雄シャチが執拗に付け狙う、という内容で、
ご都合主義の展開やキャラクターの性格の
不明確な点も散見される。

しかし、いわゆる普通の動物パニックと違い、
この雄シャチは高い知能と人間的な感情を持ち、
闘いを避けて港町に引っ込むノーランを挑発して
町の人々から孤立させ、海に出ざるを得なくさせるなど、
まるで死神のようなイメージで描かれている。
ノーラン自身も飲酒運転の車に妻子を殺された過去が語られ、
あたかも自分自身との闘いであるかのようにも見える。

撮影は終始、落ち着いたトーンになっており、
特に後半、シャチを追って氷の海を航海するようになると、
氷の白と鉛色の海、モノトーンのシャチが
絶妙のコントラストを醸し出す。

移民であるノーランが学者のシャーロット・ランプリングに
『船の借金を返してアイルランドへ帰りたかった』と
告白するシーンは泣ける。
このあたりの、ショックシーンは多いものの
基本的には豪快な海洋アクションの「ジョーズ」とは
正反対の陰性な内容は
プロデューサー=ディノ・デ・ラウレンティス(イタリア人)と
監督=マイケル・アンダーソン(イギリス人)の
資質によるものが大きいのでは?

終始ウエットなエンニオ・モリコーネのサントラも素晴らしい。
メインテーマは掛け値なしの傑作だと思う。
寝苦しい真夏の夜のBGVにも最適。


加えて、本DVDにはテレビ放送時の
日本語吹き替えも収録されているらしい。
個人的には原語版より面白かったので、
是非、吹き替え版を鑑賞してほしい。

『オルカを見ずして、愛を語るなかれ!』

しかし、このジャケットデザインはないだろう…。




テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

SF/ホラー | 23:52:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。