■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄やくざ戦争


マイミク・Sさんにお貸しいただいたビデオで鑑賞。
我等が東映。そして、我等が中島貞夫監督作品。

とにかく、冒頭から映画のバランスも考えず暴れまわるソニー千葉が素晴らしすぎる!
武闘派ヤクザを「狂犬」にたとえることがよくあるが、
本作のソニーは「狂犬ヤクザ」通り越して「キ*ガイヤクザ」。
レイバンのサングラス、タンクトップにカーゴパンツで
肉体美を披露し、KYに空手で大暴れ。
オープニングからオノを振り回すダーティーファイターぶり。
大友勝利meets KARATE!
縄張りを荒らした室田日出男の男性自身をペンチで切断させたりと
(ちなみに切るのは志賀勝)、刃向かうものには容赦ない。
その上、徹底したヤマト嫌いで、本土から出店したチェーン店の居酒屋店長を
半殺しにし、キャバレーで熱唱する本土のヤクザを
三線に乗せた空手の演舞で威嚇後、
車で轢き殺し、「本土と戦争になったらどうすんだ!」と
詰め寄る及び腰の幹部連中に向かって
「戦争やったろうじゃねえか!戦争 ダ~イスキ!」と、
中山ヒデの番組タイトル言ってのけるオチャメぶり。
間に立って本土ヤクザ・梅宮辰夫に侘びを入れた松方弘樹には
「24時間以内にコザから出て行け!てめえの一門見つけたら、一人残らず
タッ殺したる!!
と、狂った死刑宣告。
ソニーの顔芸見てるだけであっという間に前半戦終了。

しかしこの映画の主役は松方弘樹。
このまま影が薄いんじゃかなわん、とばかりに
松方配下の渡瀬恒彦がソニーを謀殺。
断末魔のソニー、死の瞬間、江頭2:50ばりのブリッジを披露!
エガちゃんブリッジ!
ステキだ!

ソニー死後、なにもかも失った松方弘樹が反撃に転ずる
後半もいいんだが、前半の実質的な主役・ソニー不在は物足りない。

VIVA CHIBA!!







テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 00:01:05 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-12 月 23:55:56 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。