■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クリスチーナ・リンドバーグinアニタ
「スウェーデン」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろうか?


社会福祉?


ABBA?


VOLVO?


ビョルン・ボルグ?(古っ!)


自分の世代の男は、十中八九
「ポルノ」なんじゃなかろうか?(下品ですみません)

小学生時代、「ジャンプ」に載ってた「すすめ!パイレーツ」
なんかのギャグ漫画で
「スウェーデン直輸入」だの「ノーカット」だのと言った
セリフが飛び交うのを見て、ニタニタと笑っていた
我々が思う彼の国は「ポルノ解禁」、「フリーセックス」 の
桃源郷だったのだ。 意味も良く分かっていなかったのに。
しかしそこはさすがに小学生、当時はそんなもの見られるわけも無く、
成長後には洋ピンの時代も終焉を迎えていて、
幸か不幸か現物を見ることなく、いつの間にか中年と成り果てていた。

そんなある日、近所のレンタルショップでこのDVDと対面。
大人しいDVD題だが、本邦での当時の公開題は
『異常性欲アニタ』ですってよ!
主演は『ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ』で『キル・ビル』の
元ネタの一つにもなったクリスチーナ・リンドバーグだ。
今すぐKiss ME!(わかるかなあ…)

と言う事で、30年の時を経て対面した本作なのだが…。
いわゆる「ソフトコア」なのですね。
内容的には本当に大人しい。
軍人の父と継母、意地の悪い妹、という不幸な家庭環境のせいで
色情狂かつ不感症になった主人公。
しかし愛する青年の献身的な治療と愛情のおかげで完治。
家を出てラブラブハッピーエンド、という能天気なもの。
ラストシーン手前に、青年と2人で車の中から
線路を走る列車を見る場面があったので、
ニューシネマ的なアンハッピーエンドを想像したが、さにあらず。
肝心のカラミの描写は淡白で短い。
少しカットすれば90分枠の「午後のロードショー」で
十分オンエアできそう。
夢は夢のままでおいたほうがいい、という良くあるパターンでありました。

そんなわけで当方のオゲレツスウェーデン幻想を砕いた映画だが、
シャレオツで退廃的なテーマソング、
洋服のレザーやファー使い、ヘアスタイルなど、
濃厚なヨーロピアン70sを堪能できる一本。
カーディガンズとかのスウェディッシュポップ大好きっ子の
貴女なら必見!


・・・・・って、そんなのも一昔以上前の話ですよね。

クリスチーナはなぜか現在、熱心なキノコ採集者になっているそうです。
昔から好きだったもんね、キノコ…。






テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

ピンキーバイオレンス | 13:37:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。