■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウォリアーズ
ウォルター・ヒル監督、'79年の映画。

普段は争いあっているニューヨーク中の
ストリートギャング(正しくは『チーマー』かしら?)が
セントラルパークで大集会。
リーダー格の男が演説する。
「ここへ集まったのが**千人、地元へ帰れば仲間が
**万人、組織に属していない奴が**万人!
みんなで団結しよう!
この街を支配するのは俺達なんだ!」

まるっきりア○ウェイの勧誘みたいなアジテーションに
妙に老けた若者達は「ウオォォーッ!!」と大興奮。
しかし誰かの撃った凶弾でリーダーは射殺された。
主人公・ウォリア-ズの構成員のスワンは犯人を目撃するが、
逆に「犯人はウォリアーズだ!」とデマを飛ばされ、
ニューヨーク中のチームの連中に追われる事に。

ストーリーはウォリアーズ達が、追っ手を逃れて
地元のコニーアイランドに帰るまでの話。



なんともいかついタイトル。
オマケに監督は一時「ペキンパーの後継者」と目されたヒル。
大映ドラマの「ポニーテールはふり向かない」、「不良少女とよばれて」
みたいな不良ドラマをペキンパー風味で煮しめたようなコッテリ味、と
勝手にイメージしていたが、意外なぐらいの薄味アメリカンテイスト。
ウォリアーズ達は鉄の結束で結ばれている、とかではなくて、
寄り道もしたがるし女の子にも目が行く現実的な奴ら。
腕っぷしよりもトンチで切り抜ける場面、多数。
集会にも呼ばれなかった冴えないチームの縄張りでは、
「貫禄だなー!モテるんだろ?」とゴマをする。
すられた奴は間髪を入れず
「ぜんぜんモテねえよ!!」とヤケクソで即答。思わず爆笑。

お揃いのヤンキースのユニフォームに
顔面を赤や黄色にペイントしたチーム
「ベースボール・フューリーズ」。
ブンブンとバットを振り回す姿は鬼のようだが、
素手ゴロは意外なほど弱く、秒殺。

なんだかんだでコニーアイランドに帰り着き、
思ったとおりに真犯人に狙われ、危機に陥るも、
主人公のナイフ一発で一件落着のお気楽ぶり。
ウォルター・ヒルは今、何やってるんだろうね?



テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

アクション | 23:34:38 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。