■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄やくざ戦争


マイミク・Sさんにお貸しいただいたビデオで鑑賞。
我等が東映。そして、我等が中島貞夫監督作品。

とにかく、冒頭から映画のバランスも考えず暴れまわるソニー千葉が素晴らしすぎる!
武闘派ヤクザを「狂犬」にたとえることがよくあるが、
本作のソニーは「狂犬ヤクザ」通り越して「キ*ガイヤクザ」。
レイバンのサングラス、タンクトップにカーゴパンツで
肉体美を披露し、KYに空手で大暴れ。
オープニングからオノを振り回すダーティーファイターぶり。
大友勝利meets KARATE!
縄張りを荒らした室田日出男の男性自身をペンチで切断させたりと
(ちなみに切るのは志賀勝)、刃向かうものには容赦ない。
その上、徹底したヤマト嫌いで、本土から出店したチェーン店の居酒屋店長を
半殺しにし、キャバレーで熱唱する本土のヤクザを
三線に乗せた空手の演舞で威嚇後、
車で轢き殺し、「本土と戦争になったらどうすんだ!」と
詰め寄る及び腰の幹部連中に向かって
「戦争やったろうじゃねえか!戦争 ダ~イスキ!」と、
中山ヒデの番組タイトル言ってのけるオチャメぶり。
間に立って本土ヤクザ・梅宮辰夫に侘びを入れた松方弘樹には
「24時間以内にコザから出て行け!てめえの一門見つけたら、一人残らず
タッ殺したる!!
と、狂った死刑宣告。
ソニーの顔芸見てるだけであっという間に前半戦終了。

しかしこの映画の主役は松方弘樹。
このまま影が薄いんじゃかなわん、とばかりに
松方配下の渡瀬恒彦がソニーを謀殺。
断末魔のソニー、死の瞬間、江頭2:50ばりのブリッジを披露!
エガちゃんブリッジ!
ステキだ!

ソニー死後、なにもかも失った松方弘樹が反撃に転ずる
後半もいいんだが、前半の実質的な主役・ソニー不在は物足りない。

VIVA CHIBA!!







スポンサーサイト

テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 00:01:05 | トラックバック(0) | コメント(1)
暖簾
今日から映像文化ライブラリーの「川島雄三監督特集」再開。
朝から、おじいちゃん・おばあちゃんに混じって鑑賞した。

今日の上映は『暖簾』
一杯飲み屋の話ではない。
いかにも花登筺が書きそうな大阪商人の立身出世モノだが、
原作・山崎豊子。本人の生家がモデルの処女作なんだそう。
川島監督は洒脱な都会派だと思っていたのでちょっと意外。
しかし、そういう出世モノにありがちな陰湿で重苦しい話にならず、
笑いを交えた軽妙な作風はやはり川島監督らしい、と言うべきか。

淡路島から単身、大阪にやってきた少年が、
大店の昆布問屋の主人に拾われ、丁稚奉公。
苦労を重ねて商いを学んだ可愛い少年は、なぜか森繁久彌に成長。
やがて主人から暖簾分けしてもらった森繁は、
商いに精進して店を大きくする。
ストーリーは、そんな昆布問屋の二代に渡る繁盛記。
二代目の息子の役も森繁の二役。
とにかく、上映時間の多くを森繁で埋め尽くされた、
モリッシーマニアにはたまらない内容。
アクティブなラガーマンの二代目森繁。
走り回る森繁。
単車を乗り回す森繁(タンデムする中村メイコ)。
一人で愚連隊を叩きのめす森繁。
闇屋をやってる元使用人をタレ込んで店を奪い取る森繁…。
まさに『森繁久彌・やらずぶったくり』。素晴らしい不良番長ぶり。
知床旅情歌ってたり、葬式で弔辞読んでたりするのとは
違うアグレッシブな森繁の姿。50年も前ですもんね。
奥さん役の山田五十鈴は50年前も今もあまり変わらず。

関西を襲った室戸台風の場面では、短いながらも
ミニチュア特撮も交えたダイナミックなスペクタクルが描写される。
意外な見せ場に大満足。
一人二役のマスク合成も、モノクロゆえに自然な仕上がり。
特撮のクオリティの高さは東宝系列の宝塚映画制作だからだろうか?

ネイティブな大阪弁飛び交う映画だが、
当方が関西人でないからか、出演者の大阪弁に不自然さを感じない
(もっとも、現地の人が見たらまた違った感想のような気もするが)。
ともかく、2時間超の上映時間も苦にならないのはさすが川島雄三。
今後の上映作品も楽しみだ。






テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

東宝 | 01:08:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
クリスチーナ・リンドバーグinアニタ
「スウェーデン」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろうか?


社会福祉?


ABBA?


VOLVO?


ビョルン・ボルグ?(古っ!)


自分の世代の男は、十中八九
「ポルノ」なんじゃなかろうか?(下品ですみません)

小学生時代、「ジャンプ」に載ってた「すすめ!パイレーツ」
なんかのギャグ漫画で
「スウェーデン直輸入」だの「ノーカット」だのと言った
セリフが飛び交うのを見て、ニタニタと笑っていた
我々が思う彼の国は「ポルノ解禁」、「フリーセックス」 の
桃源郷だったのだ。 意味も良く分かっていなかったのに。
しかしそこはさすがに小学生、当時はそんなもの見られるわけも無く、
成長後には洋ピンの時代も終焉を迎えていて、
幸か不幸か現物を見ることなく、いつの間にか中年と成り果てていた。

そんなある日、近所のレンタルショップでこのDVDと対面。
大人しいDVD題だが、本邦での当時の公開題は
『異常性欲アニタ』ですってよ!
主演は『ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ』で『キル・ビル』の
元ネタの一つにもなったクリスチーナ・リンドバーグだ。
今すぐKiss ME!(わかるかなあ…)

と言う事で、30年の時を経て対面した本作なのだが…。
いわゆる「ソフトコア」なのですね。
内容的には本当に大人しい。
軍人の父と継母、意地の悪い妹、という不幸な家庭環境のせいで
色情狂かつ不感症になった主人公。
しかし愛する青年の献身的な治療と愛情のおかげで完治。
家を出てラブラブハッピーエンド、という能天気なもの。
ラストシーン手前に、青年と2人で車の中から
線路を走る列車を見る場面があったので、
ニューシネマ的なアンハッピーエンドを想像したが、さにあらず。
肝心のカラミの描写は淡白で短い。
少しカットすれば90分枠の「午後のロードショー」で
十分オンエアできそう。
夢は夢のままでおいたほうがいい、という良くあるパターンでありました。

そんなわけで当方のオゲレツスウェーデン幻想を砕いた映画だが、
シャレオツで退廃的なテーマソング、
洋服のレザーやファー使い、ヘアスタイルなど、
濃厚なヨーロピアン70sを堪能できる一本。
カーディガンズとかのスウェディッシュポップ大好きっ子の
貴女なら必見!


・・・・・って、そんなのも一昔以上前の話ですよね。

クリスチーナはなぜか現在、熱心なキノコ採集者になっているそうです。
昔から好きだったもんね、キノコ…。






テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

ピンキーバイオレンス | 13:37:54 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。