■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウォリアーズ
ウォルター・ヒル監督、'79年の映画。

普段は争いあっているニューヨーク中の
ストリートギャング(正しくは『チーマー』かしら?)が
セントラルパークで大集会。
リーダー格の男が演説する。
「ここへ集まったのが**千人、地元へ帰れば仲間が
**万人、組織に属していない奴が**万人!
みんなで団結しよう!
この街を支配するのは俺達なんだ!」

まるっきりア○ウェイの勧誘みたいなアジテーションに
妙に老けた若者達は「ウオォォーッ!!」と大興奮。
しかし誰かの撃った凶弾でリーダーは射殺された。
主人公・ウォリア-ズの構成員のスワンは犯人を目撃するが、
逆に「犯人はウォリアーズだ!」とデマを飛ばされ、
ニューヨーク中のチームの連中に追われる事に。

ストーリーはウォリアーズ達が、追っ手を逃れて
地元のコニーアイランドに帰るまでの話。



なんともいかついタイトル。
オマケに監督は一時「ペキンパーの後継者」と目されたヒル。
大映ドラマの「ポニーテールはふり向かない」、「不良少女とよばれて」
みたいな不良ドラマをペキンパー風味で煮しめたようなコッテリ味、と
勝手にイメージしていたが、意外なぐらいの薄味アメリカンテイスト。
ウォリアーズ達は鉄の結束で結ばれている、とかではなくて、
寄り道もしたがるし女の子にも目が行く現実的な奴ら。
腕っぷしよりもトンチで切り抜ける場面、多数。
集会にも呼ばれなかった冴えないチームの縄張りでは、
「貫禄だなー!モテるんだろ?」とゴマをする。
すられた奴は間髪を入れず
「ぜんぜんモテねえよ!!」とヤケクソで即答。思わず爆笑。

お揃いのヤンキースのユニフォームに
顔面を赤や黄色にペイントしたチーム
「ベースボール・フューリーズ」。
ブンブンとバットを振り回す姿は鬼のようだが、
素手ゴロは意外なほど弱く、秒殺。

なんだかんだでコニーアイランドに帰り着き、
思ったとおりに真犯人に狙われ、危機に陥るも、
主人公のナイフ一発で一件落着のお気楽ぶり。
ウォルター・ヒルは今、何やってるんだろうね?



スポンサーサイト

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

アクション | 23:34:38 | トラックバック(0)
戦慄!呪われた夜
スカパー!FOX MOVIESにて視聴。
監督は『ハウリング2』、『同3』のフィリップ・モラ。
原題は『The beast within』 。

その昔、輸入ビデオで日本未公開の映画を観るのが
流行っていた時代があって(なんだか年寄りになった気分)、
当時『死霊のはらわた』、『クリープショー』、『ビデオドローム』
なんかと並んで要注目作だった映画。
その後、他の映画は劇場公開やビデオ化されたが、
本作のみは未公開、ビデオリリースもなし。
深夜にひっそりテレビ放送された事もあるらしいが未見
(邦題はその時の放送タイトル)。
と、いうわけで長年、気になっていた映画。


車で新婚旅行をしているカップルが、
沼地でタイヤをとられ、助けを求めるうち、
奥さんが正体不明の怪物に犯され、妊娠。

17年後、成長したマイク青年は原因不明の病で瀕死の状態。
「原因は遺伝病」と判断した両親は、マイクの父親の
手がかりを求め、その街へ。
マイクも何かに導かれるように車で同じ街へ。
そこでかつてその街で起きた忌まわしい事件に突き当たる。
そして、なぜか元気になったマイクは怪物化して暴れまわる。

情報というものはいい加減なものだ。
手持ちの「新映画宝庫・スプラッターカーニバル」という本には
「妻を犯したのは犬」と書いてあるが、
実際には人間。
姦通の罪で地下室に幽閉され、姦通相手の夫人や
埋葬されていた死人の死肉を喰わされていた
『恐怖奇形人間』みたいな人。
字幕の無い原語のビデオしか見ていないので
わからなかったのだろうか?

あと、昔、読んだ宇宙船には
「ラスト、怪物化したマイクが人々に殺されそうになり、
あわや、というところを養父が救い、親子仲良く家に帰る」と
書いてあった気がするんだが、
実際には養父に襲い掛かったマイクの頭を実母が
ショットガンでふっとばして終わり。
なぜだ!?
もしかして本編のバージョン違いがあるのか?

閉鎖的な田舎町を舞台にしたホラー映画は好きなんだが、
この映画はどうにもノレなかった。
登場人物は妙に少ないし、街の閉鎖性の描写が足りない。

マイクは犬ではなくて、セミをモチーフにした怪物になるのだが、
なぜセミなのか、の説得力がまるで無い。
長年、地下室に幽閉された我が身をセミの幼虫に
なぞらえてはいるのだが、だからといって息子が
セミの怪人になるのは飛躍しすぎ。
いきなり脱皮するので苦笑してしまうし。

トム・バーマンの特殊メイクは、フォームラバーの
皮膚の下で風船をピコピコ膨らます懐かしの80sスタイルだが、
作り物の出来自体より、撮り方が不味い。
画面にはっきり映しすぎ。
「せっかく金かけてメイクしたんだから、たくさん映せ!」
と、プロデューサーが注文つけたに違いない。

あと、夜になる度にわざわざ「第一夜」、「第二夜」と
ダサいテロップが入るのは
「メリハリが無くて時間経過がわからん!」と
プロデューサーが判断したせいか?
しかしこれは賢明な判断なのかも知れない。
この映画の一番の問題点は
監督フィリップ・モラの演出力なんだろうな。

と、まあ、長年、期待していた割には、いささか残念な出来栄え。
まあでも、こればっかりは観てみないと、なんとも言えないしね…。

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

SF/ホラー | 00:25:28 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。