■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
悪名
ネットのニュースで田中徳三監督が亡くなったことを知った。
大映京都出身で、大映瓦解後も東映、松竹その他渡り歩いて
長年、テレビ時代劇を撮り続けた真の職人と言える監督だったと思う。
私のようにテレビ時代劇を見続けている者は
テレビのクレジットでお名前を拝見するとなんとなくうれしかったものだ。
もう新作を見る事もないと思うと寂しい。
しかし監督が残されたテレビ時代劇は本当に沢山あるし、
まだまだこれからも見尽くす事はないだろう。
そういう意味では田中監督は私の中では現役続行中だ。

本日(正確には昨日)、奇しくも広島映像文化ライブラリーにて上映された
監督作『悪名』を鑑賞。悪名シリーズの記念すべき1作目だ。
自分の中では田中監督追悼上映会だったのだが、
休日なのに観客はいつもと同様、おじいちゃんとおばあちゃんばかり。
心の中で「広島の映画ファン達、どうした!!」と吼えるが
終了後、近くの大型ショッピングセンターに行って気付いた。
今日ってクリスマスイブなんだね、パトラッシュ…。

勝新演じる八尾の朝吉はバクチ大好きでヤクザ嫌い。
女好きだが曲がったことが大嫌い、と、ガキ大将が
そのまま大きくなったような男。
幸薄な女郎を助けるため、広島の因島(!)で 朝吉と
相棒モートルの貞・田宮二郎が大暴れ。 あっという間の一時間半。

冒頭から強烈な河内弁の応酬で、こりゃ字幕がないと意味が分からないかも、
と思ったが、そんな心配は杞憂で、あっという間に映画に引き込まれていた。
舞台がどんどん移り変わっていくが、混乱する事もなかったし、
伏線も巧みに生かされていてよく出来たシナリオだと思う。
こういう映画だと、最後は決闘や乱闘の後、別れや旅立ちで終わり、
というのがよくあるパターンだと思うが、
この映画では女郎を逃がした罰で女親分にステッキで
メチャクチャに打ち据えられるも、朝吉は男の意地で耐え、
女親分は涙ながらに許す、という 清々しいもの。ちょっと泣けた。
本編中に勝新と中村玉緒のキスシーン&入浴シーンもあり。
映画の中で、玉緒が勝新に結婚の誓約書を書かせる
場面があったが、この頃、2人は実際に交際中だったとかで笑える。

永らく、このシリーズは『座頭市』シリーズ以降の作品だと思っていたが
実際は座頭市1作目より早く、しかもこの映画が今ひとつ伸び悩んでいた
勝新をスターに引き上げたターニングポイントとなった作品だったと初めて知った。
この映画がなければ勝新のそれ以降の「強くて、正直なヤクザ者」という
キャラクターは生まれなかったのかも知れない。
確かにそれぐらいパワーのある映画だと思った。
田中監督、今日、あなたの偉大さを知りましたよ。
安らかに眠ってください。





スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

大映 | 01:02:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
SFダンジョン・マスター/魔界からの脱出
レンタルDVD

レンタル屋のワゴンから50円で保護。
かのエンパイア・ピクチャーズ(知ってる人はover30ですね)の初期作。
昔、宇宙船で写真見て気になっていた映画だ。
こんなのDVDなんか出ないしなあ、と買ったが、
何と、DVDはとっくに出てたんだね。
しかし、ネット検索してもレンタルばかりでセルDVDが見つからない。
早々と廃盤になったのだろうか?

75分の小品。
ストーリーは、天才コンピュータ技師のポールが
魔王にさらわれた恋人を救うため、魔界をさ迷う…、と
タツノコプロの「ポールのミラクル大作戦」と同プロット!
パックンの代わりに活躍するのがカスタムメイドのアームバンド型コンピュータ。
まだ「アップル2」とかの時代だったはずだが、PDAを先取りだ。
しかし自在にレーザー光線が出る、というのはフライングしすぎか。
RPGゲームみたいに(自慢じゃないが僕はRPGってやった事ありません)
いろんなステージをさ迷うポール。
故デビッド・アレンがクリエイトする魔人像の人形アニメ
やらゾンビやらと戦うのはともかく
ヘビメタバンド「WASP(知らん)」とステージで戦うのは意味が分からん。
内容もだが、音楽や合成、セットなんかから漂う濃厚な
エンパイアフレーバー。
画面を見ながら月曜ロードショーで『エルミネーターズ』を
観た記憶が甦った(笑)
監督はエンパイアの総帥チャールズ・バンドやデビッド・アレン含め七人。
各ステージ毎に担当したようだ。
正に往時のエンパイア(帝国)の勢いを示す作品なんだが、
数年後、エンパイアは倒産。
諸行無常ですなあ…。



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

SF/ホラー | 20:03:03 | トラックバック(2) | コメント(0)
ゴーストハンターズ
大手カメラ量販店のDVD500円均一ワゴンにて購入。
1986年アメリカ映画。監督はおなじみジョン・カーペンター。
素晴らしい事に「日曜洋画劇場」でオンエアしたときの吹替え入りだ。
当時、エアチェックした(ベータの)テープを無くしたのでうれしい。
カート・ラッセルが安原義人(ガチョウのモルテンの人)の声で 喋るぞ!
相棒の中国人は水島裕だ。

これのコレクターズエディションは2枚組で、以前は4000円以上もしたんだとか。
私が買ったのは2枚組の1枚目だけ入れてあるようで
特典がカーペンターとラッセルの音声解説のみ。
悔しいのでYoutubeで探して見た。

予告


ミュージックビデオ


この頃はバブルの時期で、こういったSFやホラーも特殊メイクやSFXといった技術で
人気スター出演作並みに動員できたものだ。
この映画もカーペンター作品にしては贅沢な印象を受ける。
SFXはリチャード・エドランドだし。
ただし、公開当時の評は芳しくなかったと記憶している。
正直、テレビで見たときはピンと来なかった。
なんだかガチャガチャと賑やかなばかりで意味が分からなかった。
いま、あらためて見ると金が掛かっているだけあって
アクションと合成とクリーチャーのごった煮、なんでもありの楽しい映画だ。
アメリカ映画にカンフーアクションを取り入れた先駆けとも言えるのでは?
さすがカーペンターだ。

主人公のラッセルは腕っぷしの強さ、というより
ここぞと言う時の運の良さで最後まで生き残る「とってもラッキーマン」だ。
ラスボスのローパン(普段は悪魔のいけにえのジジイ風、変身すると布施明風)も
***の一撃で倒してしまうし。
ローパンの配下、ボディビルダーになった加藤剛みたいな
七三の男は『少林寺への道』の主役の人だって。
『少林寺への道』、テレビで見たような、見てないような。
同じく配下の編み笠の三人組はきっと『三途の川の乳母車』の
弁天来の三兄弟の影響だろう。変な武器も持ってるし。

しかし何より、この映画に対する深い愛着を語る
カーペンターとラッセルのコメンタリーが素晴らし過ぎる。
こういう人になりたい、とちょっと思った。



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

カーペンター | 13:34:01 | トラックバック(0) | コメント(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。