■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
力王


マイミク・Kさんにお借りしたレンタル落ちビデオ。
この映画、前々からかなりの怪作であることを聞き、気になっていたんだが、ようやく観る事が出来た。Kさん、ありがとう!

ビデオをスタートするとまず画面に映ったのは「皆さん、こんにちは」と挨拶するJJ・ソニーチバ!!
え、出てたの!?と驚いたが、要は同じメーカーから出たチバ監督作のVシネマ『覇権』の予告なのだった。
主演は元JACで「サイバーコップ」にも出てた人(故人)。
これも何かの因果であろう。

『力王』は同名の日本の漫画を香港で映画化したもの。漫画の方は昔、読んだ記憶があったのだが、この作者の漫画は似たような内容ばかりですっかり忘却の彼方だった。
監督は日本との合作『孔雀王』のラン・ナイツァイ。
ビデオは吹替え版で、中国風にアレンジしてある登場人物の名前がわざわざ原作通りに改めてある。もしかして字幕版は存在しないんだろうか?

主人公・力王役は見たこと無い香港の俳優。劇画風の濃い顔だが、素の表情はどことなく若人あきら似である。しかし苦悶する時の顔は劇団ひとりにも見える。
力王の気功の師匠に我らが丹波哲郎!仕事を選ばない日本のオーソン・ウェルズの面目躍如。残念ながら吹替えの声は別人(似てない)だが、語尾に「あぁ~、う~ん」と付ける「タンバ呟き」が再現されていて笑った。

さきほど「忘却の彼方」と書いたが、観ているうちに20年近く前に読んだ原作の記憶が甦ってきた。
そう、この映画は原作に非常に忠実なのだ。それこそどうでもいい脇のキャラクターの瑣末な描写まで。もしかして、台本の代わりに漫画をコピーして配ってたんじゃないか?と思えるほどに。
普通、漫画原作の映画は、実写化に無理がある部分を改訂するためや、「映画」ならではの特色を出すために、内容をアレンジされる事が多い。その微妙な匙加減によって出来、不出来が決まったりするわけだが、この映画に関してはその心配は無いわけだ。
しかし、コミック何冊分かが90分ほどで消化されているのでストーリーはほぼダイジェスト状態だ。
もっとも、原作も裸で戦ってばかりの内容なのでこの映画化にはこういう方法論がベストなのかもしれない。

原作で見た「パンチ一発で顔面粉砕」、「巨大ミキサーで人間ミンチ」とか「切れた腕の腱を結んでつなぐ」といったグロテスクな描写が何の衒いも無く映像化されている。これがリアルに仕上がっていると見るに耐えない場面になることが多いが、幸い特殊メイクがチープなので救われる。
パッケージの背に可愛らしく写ってるヒロイン・グロリア・イップの衝動的な飛び降り自殺にもド肝を抜かれた。
エキセントリックな登場人物、エスカレートするバイオレンス描写のたたみ掛けは、かの『ブレインデッド』を思い起こさせた。
正にこの頃の香港映画の底力を感じさせる一本。

しかし、日本市場も視野に入れていたであろうこの『力王』、日本では劇場公開されたんだろうか?この映画の今現在の知名度からしてせいぜい新宿の単館での一週間の公開、と言ったところか。
個人的にはバカ映画ファンなら決して見逃してはならない一本だと思った。堪能させていただきました。



スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 22:12:13 | トラックバック(0) | コメント(3)
漂流
チャンネルnecoにて視聴。

昔、レンタル屋でビデオのパッケージを見たが、岩場にむさ苦しい原始人みたいな男が立っている写真にタイトルと「監督・森谷司郎」とだけ書いてあった記憶がある。今回、主人公であるその原始人は北大路欣也であることが判明した。本作は北大路主演の和製ロビンソン・クルーソーである。

南の果ての鳥島に漂着した土佐の船員四人。彼らはろくに草木も生えない火山島の過酷な自然の前に一人ずつ命を落とす。
残されたのは身分は低いが生命力旺盛な北大路一人。島に棲息する海鳥を捕らえて喰い、雨水を飲んで命を繋ぐ。鳥の羽で作ったダウンジャケットは暖かそうだが着ぐるみみたいでプリティだ。
余談だがこの映画、ホントに海鳥を叩き殺してるぞ。リアリティを追求するためとはいえ、その鳥、保護動物なんじゃ…。

孤独に折れそうになる北大路だが、遍路だった母親(三田佳子)の遺言「命はかけがえが無い」を思い出し、奮い立つ。
奮い立ったはいいんだが、デカイ鳥の羽を作って飛んで島から脱出しようとする発想のフライングぶり。その姿は早すぎた鳥人間コンテストの様でもあるが、残念ながらパフォーマンス部門でのエントリーだったらしく、即、落下。

島に着いて9年後、岸田森、樋浦勉、渡瀬恒彦といった妙に人相の悪い男達が漂着。流人かと思いきや江戸の漁師達だった。
彼らは先住者・北大路と共に孤島の生活に順応しようとするが、狂犬・渡瀬はいつも通りのアマノジャクぶりを発揮。その発言で他の人間の心を逆撫でする。挙げ句の果てにもみ合ったはずみで仲間の一人を刺殺。バラバラになる全員の心。

だが「力をあわせれば何でも出来る!」という北大路の熱い説得に打たれた岸田達は流木を材料に船を造り、島を脱出しようとする。それでも渡瀬は心を開かず、あまつさえ完成間近の船に火をつけ燃やそうとする。
しかし、遂に活動を再開した島の火山を見て一致団結。突貫で船を完成させる。直後、嵐が押し寄せ、船を守ろうとした渡瀬は船に挟まれ死ぬ。数々の苦難を乗り越え出航した一行は数日後、陸地に辿り付くのであった。北大路が土佐を出て実に13年が経過していた…。

二時間半の長尺、登場人物は数名(回想は除く)だが飽きさせられる事はなかった。なんと言っても過酷な自然の情景の数々が素晴らしい。撮影の苦労が偲ばれる。さすが『日本沈没』、『八甲田山』と大作ならおまかせの森谷司郎。自然と人間との戦いを骨太に、そして時に繊細に描き切っている。
髭ボウボウのワイルドメン・欣也はハマリ役。原始人のような姿だが不思議と清涼感が漂っているところは育ちのよさゆえか。後半の同じくワイルドメン・渡瀬とのやりとりは 『仁義なき戦い』を思い起こさせた。
音楽は何故か個人名ではなく「ヤマハ」と企業名がクレジットされていた。ヤマハ系のミュージシャンがプロジェクトチームを作って担当したようである。エンディングには「主題歌・谷山浩子」とクレジットされてたが何故か歌は一度も流れなかった。『風の谷のナウシカ』の安田成美みたいなイメージソング?



テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

東宝 | 21:07:49 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。