■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボディガード牙 必殺三角飛び
決闘

'73年東映東京。監督・鷹森立一。
徹心会空手会長・大東徹源(演ずるは大山倍達!だが声は吹替え)に鬼哭流空手・鮫谷一貫(石橋雅史)より果たし状が届く。手紙を受け取った牙直人(千葉真一)は会長に代わり決闘を受ける。嵐の中、行われる決闘。止めに入った牙の妹・志穂美悦子は鮫谷にバラ手で目潰しされ失明。怒りに燃える牙は鮫谷を必殺技・三角飛びで激殺。法治国家の日本では当然、逮捕されて実刑判決を受け服役。
出所した牙を迎えるプレイガール・桑原幸子。桑原の情夫でクラブ経営者・深江章喜は牙に自分のクラブの用心棒にならないかと誘う。だがそれは店にたむろする室田日出男率いるヤクザ達と縁を切るためだった。その中の一番の凄腕・郷エイ治は鬼哭流の遣い手。鬼哭流との決着を付けたい牙は深江の申し出を受ける。
深江と室田、それにトルコ経営者・戸浦六宏の三人は三年前、一緒に米軍基地で強盗をはたらいて成り上がった仲間。しかしクラブ経営者として成功した深江は金を無心する二人を疎ましく感じ、縁を切ろうと思っていたのだ。
ぼったくりバーで法外な金額をふっかけられ、困っていた牙を助けた島唄を唄う娘・マリ。牙と親しげに街を歩いていたマリは室田一味に襲われ乱暴される。
深江のクラブに現れる牙の刑務所仲間・渡瀬恒彦。渡瀬は三人の強盗計画に利用された上に罠に嵌められ、刑務所で服役していたのだ。分け前とこの三年間に稼いだ金の4分の1をよこせと迫る渡瀬。同じ弱みを持つ三人は一致団結。
渡瀬は恋人・マリのところへ。マリが乱暴された事を知った渡瀬は三人の元に殴りこみ。用心棒である牙はわざと渡瀬を逃がす。
三人の下へ金を取りに行った渡瀬は罠に嵌められ、郷エイ治らに惨殺される。怒りに燃える牙は三人と配下のヤクザ達を次々倒す。しかし郷に目潰しされ一時的に失明。そこへ視力の回復した志穂美悦子がやってきて郷の位置をナビゲート。必殺三角飛びで激殺!今度は逮捕されることなくエンドマーク。

梶原一騎原作の劇画「ボディガード牙」を元にしたシリーズ二作目。原作者に遠慮したのか飛躍が少なく、正直あまり面白くなかった一作目と比べソニーチバテイストが濃厚になり、面白くなっている(とはいえ、「一作目と比べて」と但し書き付きでだが)。開巻早々、好敵手・石橋雅史とタイトルバックで死闘を展開してくれるし、服役中やぼったくりバーでのバイタリティあふれるやり取りは妙にクールでストイックだった一作目とは別人のよう。いつもの「千葉ちゃん」である。深江の用心棒になった後は東映空手映画のお約束「空手家ミーツ暴力団」といういつもの話になってしまうが。このシリーズはその後に大量に作られるソニーチバ主演空手映画のはしり。目潰しで失明といった描写もあるが、目玉が飛び出たり、内臓を掴み取ったりといったやり過ぎなバイオレンス描写はまだ無い。その方面を期待すると少々肩透かしを喰らうかもしれない。「牙」シリーズはこの二作目で終了。この後は同じく梶原原作・ソニー主演で大山倍達の実録物「けんか空手(空手バカ一代)」シリーズが始まる。実録のはずなのに創作の「牙」シリーズより荒唐無稽な展開になってしまうのが東映風で楽しい。





スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 21:54:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
喜劇 セックス攻防戦
ハヒー&オシャマンベ

'72年東映東京。監督・高桑信。
*注意 タイトルのまんまで下品な映画です。それでもいい人は続きをどうぞ。

続きを読む >>

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ピンキーバイオレンス | 22:42:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
激突!合気道
'75年東映京都。監督は千葉真一の「殺人拳」シリーズの小沢茂弘。
時は大正時代。植芝盛平(千葉治郎)は北海道の開拓村の団長。ある日、開拓村に北海組のヤクザ達が逃げた子供を捕まえにやってくる。柔術の心得がある植芝は応戦するが、用心棒・名取流空手の名取新兵衛(千葉真一)に敗北する。その日から植芝の修行の日々がはじまる。
和歌山から植芝の妻がやって来ると、植芝に密かに思いを寄せるみねは村を去る。一緒の馬車に乗り合わせた新兵衛は病身のみねを気遣い、共に旅をする事に。だが暴れる北海組のヤクザを誤って殺してしまった事から二人の旅は逃亡の旅に。
空手師範・武田(京都正武館の鈴木正文)に頼み込み、修行する植芝。法外な授業料をどうにか工面して指導を受け、免許皆伝。実は武田の授業料は植芝の本気を試すためだった。全額返金される授業料。その日から武者修行に出る植芝。
全国の武道の達人を訪ね歩く植芝は、東京の名取流道場へ。そこには新兵衛の兄・名取がいた。応戦する名取。難なく倒す植芝。名取は敗北を恥じ、割腹自殺。
師範の仇討ちに襲い来る名取の門弟達。応戦する植芝だが、武道家・奥田(『殺人空手』の大塚剛)の剣に深手を負わされ、あわやというところを大本教の教祖・出口王仁三郎(金田龍之介)に救われる。その日から出口の元で精神修養の修行を始める植芝。
出口の元で道場を開く植芝。そこへ弟子入り志願する元・海軍大将(汐路章)と孫娘(志穂美悦子)。道場は順調に行っていたがある日、名取の刺客達が。あわやというところを新兵衛に救われる。植芝と新兵衛の決闘。腕を上げた植芝は新兵衛を倒す。新兵衛にも認められた植芝は合気道を完成させる。  完

ソニーチバの実弟・千葉治郎第一回主演作。ソニーも愛する弟のため助演している。ストーリーは典型的な武道物ではあるが、途中、大本教の教祖が出ると少々、脱線。東映お得意の特定団体とのタイアップなんだろうが、いきなり精神論がはじまると違和感を感じる。その辺がソニー主演作にならなかった真相なのかも。ベテラン・小沢茂弘は素人俳優・大塚剛や鈴木正文を使いながらも映画をうまくまとめている。しかし、主演は千葉治郎であるにもかかわらず、ソニーが画面に出ると映画は途端にソニー主演作のようになってしまう。兄弟で同じ事をやってもクドくてケレン味たっぷりなソニー、いい人そうだがあっさりしていて押し出しの弱い弟、どっちが目立つか言うまでもないだろう。ソニーはかなり長い事、画面を占拠。見せ場を持っていく。最後の見せ場のはずの刺客達との対決もソニー&愛弟子のスー・シオミが暴れまわり、治郎ちゃんの出番は無し。自己顕示欲の強い身内を持つと辛いなあ治郎ちゃん。千葉治郎はこの後、芸名を矢吹二朗と変え「ラグビー野郎」という主演作もあるが、現在は芸能界を辞め、違う職業に従事されているらしい。偉大な身内を持つと苦労する、という見本のような人生…。



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

ソニーチバ | 21:44:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
皮ジャン反抗族
'78年東映セントラルフィルム製作。監督は長谷部安春。
昼間はしがない自動車修理工の舘ひろしも、夜になればディスコキング。今夜もDJ・林ゆたかのディスコでフィーバー。ノリノリでフィーバーしていると、にっかつロマンポルノスケバン軍団が乱入。金髪のヅラを被った山科ゆりが仲間の顔をカミソリでハスった!なおも暴れようとするスケバンたちに見かねたディスコクイーン・夏樹陽子は仲裁に入るが逆にやられそうに。そこへ立ちはだかる我らがキング舘。無言の威圧感でスケバン達を制圧。
ディスコの駐車場に停めてある愛車ハーレーに跨る舘。すると物陰から襲い来るスケバン軍団&片桐竜次を筆頭とする不良達。ロクに抵抗もせずボコボコにのされる舘。そこへ陽子と連れの男がやって来たため事無きを得る。不良達の大ボスは井上陽水風のパーマにデカイサングラスの内田「Rock'n Roll」裕也。『ろぼっ子ビートン』の「ガキおやじ」ですか!(笑)
ある夜、ディスコで陽子の連れの男に難癖付けられる舘。得意のバイクでチキンレース。もちろん舘の勝利。気分が良くなった舘は公園の噴水に入る。そこへやってくる陽子&ディスコの仲間達。林ゆたかのラジカセによるDJプレイで深夜の噴水はディスコに一変!フィーバー!レッツダンシン!!
下半身の火照る舘&陽子はハーレーにタンデム。後ろに乗ってる陽子に「寒くないかい!」と尋ねる舘。そりゃびしょ濡れだから寒いよ!(笑)そのままホテルに直行してベッドでオールナイトロング!
舘の勤める修理工場の未亡人・白石和子は工場主任と不倫関係。思春期の息子は面白くない。そんな息子に昔の自分を見た舘はバイクの乗り方を教える。
サカリの付いた猫のように逢瀬を重ねるキング&クイーン。しかし陽子の「私、金持ちの妾なの」という告白に傷ついた舘は陽子と別れる。
街で知り合った娘・森下愛子は妊娠中。「一緒に産婦人科に行って」と哀願された舘は断りきれず同行。しかしその姿を仲間に見られ、あらぬ疑いをかけられてしまう。
後日、森下愛子に自室に誘われ、「抱いて!」と迫られる舘。しかしそんな愛子を平手打ちの男・舘ひろし。理不尽だ…。
ある日、未亡人宅に呼ばれ、「息子にバイクを教えないで」と頼まれる舘。ほつれていた作業服を繕ってもらっている最中、帰ってきた息子は勘違い。舘のハーレーで暴走。「さらば青春の光」よろしく谷底に転落、即死。呆然と見つめる舘。そのままディスコへ直行、フィーバー!というかその前に警察に行け!
夜の公園をフラフラ歩く舘。いきなり暗がりから飛び出してきた片桐竜次にジャックナイフで刺される。竜次は森下愛子の兄で、妹をハラませたのは舘だと勘違いしたのだ。真夜中の公園で一人息絶える舘。  ~終~

東映本社ではなく、系列の東映セントラル製作の本作。そこはかとなくテレビの刑事ドラマ臭がする画面と出演者達。片桐竜次&中西良太という「大激闘・マッドポリス'80」の二人が顔を合わせているのは見逃せない。女優陣は夏樹陽子以外はにっかつロマンポルノ系。それこそ団地妻・白川和子から青い果実の(当時はね)森下愛子まで揃っていてこれまたマニア必見。しかし普通、『皮ジャン反抗族』というタイトルから連想されるのは「ロックンローラーの反逆」じゃないだろうか?この映画は主人公の服装こそロッカーだが、全編に流れるのは安いディスコミュージック。元クールスの舘、そしてユーヤさんはどう思ったのだろう。当時の世界的なディスコブームに呼応してのことだろうが、「サタデーナイトフィーバーみたいな映画でガキをコヤに呼ばんかい!」という映画会社のオヤジの計算が見え隠れする。しかし、伝説の『野良猫ロック』シリーズの監督と同一人物が撮ったとは到底思えないダルでしまりのない映画だ。整備中の舘が不良の車に引きずられる『野良猫ロック・セックスハンター』そのままの場面もあるのだが。ストーリーも紋切り型の悲劇が続くだけのルーチンワーク。どうも日本の映画人と「ディスコ」という素材は水と油のようである。主人公・舘は口の端でボソボソ喋る無口な若者。口下手で自己弁護が出来ないから状況はどんどん悪くなるばかり。ある意味リアルな若者像ではあるのだが。そんな舘が唯一自分を解放できるのがディスコのはずなんだが、踊っていても一つも楽しそうでないのはなんでだろう?スタッフもキャストもディスコ映画にフィーバーできなかったからか?いっそ「あぶない刑事」繋がりで主人公・柴田恭兵だったらよかったのに…。



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

東映プログラムピクチャー | 11:58:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
影の車
影の車 影の車
岩下志麻 (2005/10/29)
松竹

この商品の詳細を見る

広島映像文化ライブラリーにて鑑賞。'70年松竹大船撮影所。監督・野村芳太郎。
恥ずかしい話だが私はずいぶん長い事「野村芳太郎」と「根岸吉太郎」を混同していた。字面が似てるから…。「若いんだか年なんだかわかんねーな」とか思いながら(笑)
この映画は以前、映画秘宝「日常洋画劇場」で井口昇が「キングオブトラウマ映画」と評していて気になっていた一本。私は野村監督の映画はビデオで『震える舌』を観たきりだが、あれも破傷風をネタに使った『エクソシスト』みたいなトラウマ映画だった。
ゴケミドロを思い出す不吉な松竹マークの後のタイトルバックはソラリゼーション処理した海辺の景色。この映画、ここ以外にも回想シーンはすべてソラリゼーションになっている。『ウルトラセブン』か!(笑)
主人公はべったりとした7:3分けと黒ブチ眼鏡がクラフトワークを思わす「大岡越前」加藤剛。時代劇では爽やかな笑顔の剣豪役が多いが、現代劇の本作では笑顔の影にある真面目だが神経質そうな顔を覗かせている。
旅行会社の窓口担当の剛は、公団住宅の自宅で造花教室をやっている小川真由美との冷え切った夫婦生活に疲れきっている。剛がいるのに不躾に上がりこんでくる団地の奥さん方の中には「渡る世間は鬼ばかり」の野村昭子の姿も。デカイ声でしている世間話のネタは「シャロンテート惨殺事件」や「三億円事件」で時代を感じさせる。
ある日、通勤バスで旧知の未亡人・岩下志麻と乗り合わせた剛。志麻と過ごす時間に妻との間にはない癒しを見つけた剛はあっという間に深い仲になってしまう。
しかし、志麻の小学生の息子はそれを快く思ってはおらず、時おり剛に対し殺意を見せる。殺鼠剤入りの饅頭を喰わそうとしたり、目が覚めるとガスが漏れていたり。果たしてそれは罪の意識を持った剛の妄想なのか?それとも…、といった内容。
・・・・・・・・イヤー、想像以上にエグイ映画です!
にこやかに世間話をしていたかと思うと次の場面は剛と志麻の濃厚な情交シーン。ガラス付き障子で仕切られた安普請な木造の借家、しかも隣の部屋には半分起きてる子供。障子越し子供目線のカメラワークまで…。ドエロだ! しかも相手は岩下志麻!!
志麻とのシーンでも真由美との夫婦生活のシーンでも剛の姿は一貫してクモの糸に絡め取られた哀れな昆虫に見える。
ガス漏れで飛び起きた剛が息苦しさに窓を開けようとするとそこには包丁を手にした子供が!!怖すぎる。
確かに子供の頃に知らずに見てしまったらトラウマ間違いなしだろう。予備知識があって観ても十分トラウマだったんだが(笑)。日本風陰湿サスペンスのチャンピオン決定!
私は正直、こういう日本の(特に松竹の)サスペンス映画って、最終的には『みんな貧乏が悪いんや!』で終わる映画ばかりのような気がしていてあまり観てなかったのだが甘かった。幸い今月の広島映像文化ライブラリーは野村芳太郎特集なので通ってみようかと思う。



テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

松竹 | 17:35:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。