■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私は怪魚をみた
釣れた!


数年前にスカパー!ファミリー劇場で放映された2時間ドラマ。
元は「木曜ゴールデンドラマ」で放映されたものらしい。
製作は東映。脚本・田坂啓、監督・高橋繁男。

女性誌記者・坂口良子は商事会社常務で「モーレツビジネスマン」の丹波哲郎の私生活を記事にするため接近するが、丹波は突然、辞表を提出し、退社していた。不可解に思った良子は取材を続け、世界的建築家・仲谷昇と石油会社の佐藤允に密会する丹波を目撃、彼が新たなプロジェクトを始める事を確信する。
丹波を追って離島・浮之島へ向かう良子。漁師・浜村純の孫の無表情で喋らない少年に案内された良子は海岸にある丹波達三人のプレハブ小屋を発見する。三人は良子に真相を告白。彼らはその海岸に棲息する全長十メートルにもなる巨大なクエをハイテク装備と巨大クレーンで釣り上げようと言うのだ。
ある晩、ついにクレーンに魚の反応が。必死に釣り上げようとする三人だが、クエは仕掛けを引きちぎり、電動ウインチを破壊して逃げる。クエを釣り上げるのは無理だと判断した仲谷と佐藤は東京に帰る。諦めずクエ釣りを続ける事を宣言した丹波のワイルドな男の魅力に参った良子はその日から世話女房と化し、炊事、洗濯と甲斐甲斐しく身の回りの世話を焼き始める。
島に一本しかない役場の電話で編集長・河原崎長一郎から良子に連絡が。丹波が常務時代の外為法違反で逮捕寸前だというのだ。驚く良子は丹波にその事を伝え、勢いで愛を告白。丹波は逮捕されることを知っており、残された時間をクエ釣りに賭けたい事、会社人間として家庭をかえりみなかったため妻に自殺された事を打ち明ける。ドラマが盛り上がり、警視庁のヘリが飛来した時にアタリが!人力で必死にウインチを回す丹波!そのとき、今まで物言わなかった少年が「やめろーやめるんだー」と棒読みで丹波にしがみつく。祖父・浜村純と二人暮しの少年にとって、クエは大事な友達だったのだ。クエは怪力でクレーンを壊し、逃げる。やがてやって来た刑事に連行される丹波。「ジャーナリストなら私の写真を撮れ」と言う丹波を写真に収める良子だが、丹波が去った後、そのフィルムを海に投げ捨てるのだった。逃げたクエは少年に見送られ、悠々と海へ帰って行った
「木曜ゴールデンドラマ」は「火曜サスペンス劇場」同様、日本テレビ系列で放送されていた二時間ドラマ枠。当時「ネタがかぶってるのになんで同じような枠があるんだろう」と疑問に思っていたが、今回、エンドロールまで見て謎が判明。「木曜~」は関西のよみうりテレビ製作だったのだ。道理でミヤコ蝶々とかが主演の人情物が多かったわけだ。
しかし『私は巨大魚をみた』ってミもフタも無いトンデモなタイトル、気分は川口浩だ。普通の役者ならそのタイトル聞いて断りそうなものだが、さすがは世界のタンバ、器が違います。きっといつも通り、台本には眼を通さなかった事だろう(笑)。そしてモーレツ商社マン→釣りキチ三平という役柄を説得力を持って演じられるのはタンバ以外、考えられないというぐらいのハマリ役。胡散臭さと男臭さ全開で演じている。坂口良子との別れの時、逮捕に来た刑事二人を「私が自殺するような男に見えるか」と言って説得、プレハブ小屋で待たせるなんて芸当はタンバにしか出来ない。坂口良子が求愛する河原崎長一郎の事も忘れ、タンバにメロメロになってしまうのも納得。タンバと手を組むのが仲谷昇と佐藤允というこれまた胡散臭い二人なのもうれしい。タンバ自身が「私の作品には必ず出てもらう」とどこかで言っていた野際陽子もクラブのママ役でゲスト出演。しかしそれ以外のちょっとだけセリフのある役の人(少年役含む)は何故かセリフ棒読みの人が多い。予算のせいだろうか。
スタッフはプロデューサー・武居勝彦以下、東映の『特捜最前線』で見た名前の人が多い。トンデモな題材を地味ながら手堅い人間ドラマに仕上げている。ラスト、サラリーマン時代の自分を反省し、人生の黄昏を感じさせるタンバの姿には不覚にもホロリとさせられた。しかし、何もかもぶち壊しなのがエンドロール。巨大魚のハリボテ操演のメイキング映像だ。金と時間が掛かっているのは分かるが、ドラマの余韻が台無しだ。正直、その操演も魚の造型も「オソマツ」としか言い様が無いんだが…。





スポンサーサイト

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV | 21:41:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
カービン・シャドー
バイクは正しく乗りましょう

ドラマ「ワイルド7」は同名コミックを国際放映にて実写化した30分のテレビシリーズ。国際放映は「ケンちゃん」シリーズなどで有名だが、元々は新東宝が名前を変えテレビ製作専門となったスタジオ。東宝のテレビ部門の下請け製作(「太陽にほえろ」とか)も行っていたが、ワイルド7は自社製作である。本作には当時既に一般映画製作を中断していた日活から長谷部安春と江崎実生が参加。特に長谷部監督はメイン監督として活躍。夜7時の子供番組とは思えないバイオレントな映像を作り続けている。今回は全25話の中でも私が最高傑作と信じる一本、長谷部監督の手による「カービン・シャドー」を紹介する。

ある夜、会社社長が暗殺される。その会社は悪の秘密結社・ブラックスパイダーへの協力を拒んだために見せしめに狙撃されたのだ。ワイルド7の隊長・草波(川津裕介)はその手口からアメリカの殺し屋・カービン・シャドーの犯行と断定。次のターゲットになる社長を護衛するためワイルド7と共に社長の静養先の群馬県・伊香保温泉に向かう。狙撃ポイントを確認に行った八百(ジーパン刑事射殺犯・手塚茂夫)は途中で寄ったクレー射撃場で見事なガン捌きを見せるストライプコートの男、郷英治(『エイ』は本当は金へんに英)と出会う。男がカービン・シャドーだと確信した八百はバイクで後を追い、一軒のバーへ。バーテンは日活ニューアクションでよく見かける脇役・沢美鶴。席に着くなりしなだれかかってくるホステスにも表情を変えないニヒルなシャドーに無言でダイス立てを挑む八百(快傑ズバット!)。見事に立つ八百のダイス。しかしシャドーのダイスは立ってる上に1のゾロ目。店を出ようとするシャドーにバーテンが伝票をかざして、
バーテン「お客さん、忘れもんで。しめて5万と7千円!これでも銀座あたりに比べりゃ安いもんでしょう!」
シャドー、表情も変えず
「…ツケといてくれ」
バーテン「ふざけちゃいけませんぜ!」
とアイスピックふりかざし、どこからか現れたチンピラたちと共に襲いかかる。八百も加わっての乱闘の末、全員叩きのめすシャドー。こういうシチュエーション、普通の子供番組ならこの店は実はブラックスパイダーの罠で、という設定がありそうなもんだが、この番組の場合、ホントに温泉場のぼったくりバー。夜の巷の血と暴力の匂いが漂ってくるようなアダルティーぶり!(笑)
シャドー攻略に頭が一杯の八百はホテルの温泉風呂に入っても気もそぞろ。そこへやってきた世界(マイケル中山)が洗い場に落ちていた石鹸に滑って転んだのを空中一回転して逃れた所を見た八百は対決の時、一回転して相手の的を外し、その隙に撃つ事を思いつく。さっそく和風ホテルの座敷で仲間と一回転の特訓を開始する八百。その姿はまるで修学旅行でハメを外す悪ガキ達だ(笑)
社長のゴルフに同行する八百。案の定現れるブラックスパイダーの刺客。雑魚を倒し、ボス・スネークを追跡する八百だが追い詰めた砂利山の稜線にはズラッと並んだスパイダーの構成員達が!合流した他のメンバーと共に敵を片付け、スネークを撃つ八百。瀕死のスネークは立ち去ろうとする八百に拳銃の狙いを定めるが、シャドーのカービンが火を吹いた。
シャドー「お前は俺が倒す!ナンバーワンは一人でいい」(『殺しの烙印』!)
ついに一対一の決闘。見守るワイルド7達。
火を吹く2つの銃。しかし八百の戦法が見事に決まり、フッと微笑みながらその場に倒れるシャドー。ワイルド7達はいつも通り死体も片付けず帰っていった。

長谷部監督は続く「スパイダーから来た女」では、虫の息のスパイダー構成員にワイルド7がマシンガンを叩き込み、痙攣させて大笑いするという凶悪な場面を撮っている。まさに日活ニューアクションが家族団らんの茶の間に牙を剥いた瞬間だ。PTAが選ぶワースト番組だったという話も納得。黒のストライプのコートにサングラスのカービンシャドーを演じた郷英治のカッコよさも特筆したい。単細胞で粗暴な男を演じ続けたような(直撃!地獄拳のトンチキさんとか)郷の生涯でもっともカッコいい役かもしれない。日活ニューアクションファン必見!



テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV | 15:12:52 | トラックバック(2) | コメント(0)
白昼夢 殺人金魚
今日は江戸川乱歩シリーズ明智小五郎の 「白昼夢 殺人金魚」を鑑賞。
70年東映・東京12ch製作のテレビシリーズの一篇。
監督は東映の子供番組で(一部に)おなじみ佐伯孚治(たかはる)。
東映という会社は不思議な会社で、明らかにすごい才能を持ちながらなかなか本篇が撮れない監督、という人が多い。たとえば佐藤肇とか、小林義明とか。佐伯監督もその一人。何らかの表沙汰に出来ない事情なのだろう。インテリほど冷や飯食わされる会社なのかもなあ。
明智役に「女番長」シリーズにも出ている滝俊介(後に溝口舜亮と改名)、 助手・亜沙子は異常性愛路線の常連・橘ますみ。 滑舌悪くて間が抜けた小林少年に現・東映社長の岡田裕介というのは悪い冗談としか思えない。ゲストにはまだ毛がある頃の斉藤晴彦。この人も後の東映子供番組常連だ。
幼い頃、夜店で買った金魚を父親に便所に捨てられた明智、という回想から話がスタート。本業の大学講師の仕事が暇な明智は新宿駅前で易者のバイト(!)をはじめる。同じ頃、世間を騒がす奇妙な殺人事件の数々。明智と同じく易者をやっている斉藤晴彦は、占いの依頼者の悩みを聞き、気まぐれに殺人を繰り返していたのだ。糖尿病の悩みを告白したサラリーマンを大量の菓子がある地下室に監禁し餓死させたり、高倍率の公団住宅への引越しを希望する家族のために水道に毒を入れて公団住宅の住民を皆殺しにしたり。そんなある日、有名スター・佐々木功のフィアンセに横恋慕する冴えない男・安藤三男の恋の悩みを聞いた斉藤は安藤を殺害。佐々木の披露宴のウェディングケーキに安藤の生首を入れパニックを引き起こす。斉藤はその機に乗じて佐々木を連れ出し、缶詰工場の倉庫に監禁、缶切りを渡す代わりに全財産を没収。更に新婦を食事に誘い、売春を持ちかける。500万円積まれて誘いに乗ってしまう新婦。やがて斉藤の正体に気づいた明智は斉藤に迫るが、逆に銃で脅され、地下の下水道に連れて行かれる。そこで明智を殺そうとした斉藤は突然、現れた巨大な金魚に呑み込まれ下水道に消える。呆然と見送る明智…。
とにかくこのエピソード、ポストからのぞいた銃口が無差別に通行人を殺す、とか、嬉々として新居に向かう家族と団地の窓から大量に運び出される棺桶、とかシュールなイメージの連続!「シュール」などという陳腐な形容しかできないのが恥ずかしくなるほど。斉藤晴彦の今と変わらないハイテンションな演技も最高。その内容のためか本放送を見送られた本作は盟友・小林義明監督の同じくシュールな「殺人狂想曲」とともに懐かしの「金曜スペシャル」の枠でオンエアされた。先日、ファミリー劇場の「帰ってきたウルトラマン」回想番組に出た佐伯監督は、この番組を見た円谷プロのプロデューサーにウルトラマンの演出を依頼されたと語っていた。いい話である。しかし主人公を「岡田裕介」と間違って覚えていて歳月の流れを感じさせたが。



テーマ:懐かしいテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV | 14:32:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
私のトラウマアニメ
最近、同年代やそれより少し下の年代の人間と昔見たアニメの話をしていて不満な事。それは「ガンダム」の話ばかりな事。1969年生まれの私はファーストガンダム直撃世代な訳だが、オンタイムではあまり観ていなかった。それは私の故郷・山陰地方でガンダムを放映していたのが日曜朝8時からの地元のスーパー提供の「こども劇場」の枠だったからで、日曜の朝から鬱なアニメ観たくなかったからだ。と、いいつつその枠は同じ富野監督の鬱な「海のトリトン」をはじめ、「原始少年リュウ」、「バビル二世」とか、およそ爽やかな朝にはふさわしくないラインナップ揃いだったんだが、それらはあまり抵抗無く観ていた。ファーストガンダムは敵のザクなどのモビルスーツは兵器っぽくてカッコイイなと思っていたが、主人公メカのガンダムの白地に赤・青・黄色というカラーリングはオモチャみたいでダサイなと思っていた。実際、オモチャメーカーに押し付けられた色だったようだが。ちょうどこの頃、小学校高学年で、子ども扱いされる事を極端に嫌っていたため、そういうの見て『ナメられてる』と思い込んでしまったらしい。もう少し幼いか逆に大人だったら抵抗無く受け容れられたかもしれない。出会った時期が悪かったんだろう。と、言うわけで今回は私がそんな思春期に入る前に観て影響された、というか心に傷を負ったアニメについて書きたいと思う。


続きを読む >>

テーマ:懐かしのアニメ&漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

TV | 14:38:31 | トラックバック(0) | コメント(5)
西田健
この人が西田健さんです

写真は私の好きな俳優・西田健さん。物心ついて初めて見たのは「帰ってきたウルトラマン」の岸田隊員だろう。防衛長官の甥のイヤミなエリートで強烈なインパクトを残している。もっともその頃、私は2歳。主役の団時朗さんしか顔は覚えてなかった。その後も数々のドラマで活躍。特に刑事ドラマのインテリ犯人役に定評がある。私の中の最高傑作は特捜最前線「恐怖のテレホンセックス魔」。ストーカー・健さんと刑事・大滝秀治との死闘はベストバウト!しかし最近気になってた事が。『健さん、その髪もしかして・・・・』。そして先日、衝撃的な映像が!「新・京都迷宮案内」の予告スポットに素頭の健さんが!思わず我が目を疑ってネットで検索してしまった。そして確かに本人と確認。調べてみるとプロフィールにはズラを付けてない写真が掲載されてたみたい。http://www.infoseek.co.jp/Talent/M93-2479/
今日見た昼ドラ「新・風のロンド」には少し増毛して出ていた。役柄に合わせて変えてるって事だろうか。ナチュラルな健さん、ますますファンになりましたよ。





テーマ:気になったタレント - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV | 14:35:36 | トラックバック(1) | コメント(0)
江戸特捜指令
サブタイトル
敦夫・原田大二郎・エバ(笑)


スカパー!・ホームドラマチャンネルにて鑑賞。この番組は、私が小学校低学年の頃、TBS系でGメン’75終了後の10時から放送していた時代劇。前番組「隠し目付参上」の設定の一部を引き継いだ続編だが、エログロ描写の濃い話も多かった前作と比べ、全体的にコミカルさが強調されたシリーズになっている。コメディーリリーフとして山城新伍が登場。不良番長等で見せた「ハヒー!(驚いた時のリアクション)」もしっかりやっている。そしてチームのリーダー・中村敦夫も毎回バカな変装で笑わせてくれる。日本の夜明けは近いぞ!

敦夫絶命(の、お芝居)

時代劇版スパイ大作戦といったところか。今週放送したのは本放送当時の記憶も鮮明な一本。なぜ覚えていたかというと、本編屈指のバカ話だったからだ(笑)抜け荷商人と組んでイギリス船を呼び寄せ、権力を掌中に入れようとする外国奉行(X星人・土屋嘉男)。黒船の砲撃を地下蔵で待つ悪人達にのぞき穴から煙やら花火やらを見せ、ぬか喜びさせるというバカな作戦。「バカ」ばっかり書いてますがこれ褒め言葉ですよ。「荒唐無稽こそフィクションの真髄(上原正三)」が座右の銘だもんで。バカな悪人達




テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV | 00:52:51 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。