■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘアピン・サーカス


東宝ニューアクションの雄・西村潔監督による作品。
割とレア度が高い映画だと思うが、
最近、DVD化されたり、サントラが出たりして 再評価されてるらしい。
今回たまたま吉祥寺バウスシアター「爆音映画祭」での上映と
上京のタイミングが合ったので、劇場へ。
レビューに和製『バニシング・ポイント』なんて書かれた日にゃ、
観なけりゃならない宿命でしょう、これは。

冒頭、首都高で前を走る車と車間距離を詰めては、
右へ左へ車線変更して次々と追い抜いていく主観撮影に
度肝を抜かれる。これは、撮影用の仕込ではなくて
明らかにゲリラ撮影だ!物凄い迫力。
車のエグゾーストノイズも爆音上映に効果的で気持ちがいい。

主演の人は俳優でなく、本物のレーサーらしい。
なかなか大胆な起用ですね。
ヒロインに江夏夕子。
江夏夕子と言えば、目黒祐樹夫人で、
昔のテレビ時代劇のゲストでよく見る幸薄(殺される事も多い)娘、
という印象しかなかった。

何故、この2人で映画を?という疑問は本編を見たらすぐ理解できた。
街道レース場面の多いこの映画には、実際に高度な運転テクニックを
持った役者が不可欠だ。
主役の人は当然の事ながら、江夏夕子はA級ライセンスを持っているらしいし。

主人公は元レーサーだが、一人の女(なぜか笠井紀美子!)

をめぐる三角関係でライバルを事故死させたトラウマで
今では自動車教習の個人指導をしている男。
そこへ、一年前に指導したスピード狂でワガママな
金持ちお嬢(江夏)が現れ…、と言う話。

お嬢の車は黄色いトヨタ2000GT!
劇中、2000GTが、アルファロメオが、ダルマセリカが、サバンナRX3が、
公道で本気バトル&クラシュ!
日頃、東映製の、オンボロアメ車と「スポーティーカー」ですらない
大衆セダン達が、空き地でぶつかり合う映画(それはそれで凄く好きだが)
ばかり観ている目には信じられないような映像だし、
その後のスーパーカーブームの渦中に作られたどんな国産映画より
豪華で迫力満点。
公道レース場面は間違いなく無許可撮影!

劇中、主人公の日常に過去のレース(実際に主人公が出走している記録映像)が
割り込む趣向は『バニシング・ポイント』風だが、
ヨコワケハンサムなカーレーサー、
ジャジーなサントラ、マカオグランプリ(!!)、
70sマニア垂涎な内装のドライブイン、と
そのテイストは「アメリカンニューシネマ」と言うより
「クレイジーケンバンド」の世界!
まさにこんな感じ。

イイネ!(笑)

劇中、運転席で眠っているお嬢の、ラメが入ってツヤツヤしている唇の辺りを
じっと見つめる(変態か!笑)主人公。
恐らくは、出来ちゃった結婚であろう妻子
(妻は、『野良猫ロック』だった戸部夕子)がいるのに
どうしようもなくワキが甘い奴。
中川信夫版『地獄』の天知茂並み。
それに気づいてパッと目を開き
「お願い…、キスして!」と誘惑する(予告編のカウンター2分9秒ぐらいのカットね)
ツンデレ江夏夕子。
おのれは『地獄』の沼田曜一か!! (笑)
当然の様に主人公は拒否。
女のプライドを傷つけられた夕子の激情が、
バイオレントで突き放したような不幸へと導く。
なかなか凄い映画だ。
劇場で観てよかった。







スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

東宝 | 21:45:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
暖簾
今日から映像文化ライブラリーの「川島雄三監督特集」再開。
朝から、おじいちゃん・おばあちゃんに混じって鑑賞した。

今日の上映は『暖簾』
一杯飲み屋の話ではない。
いかにも花登筺が書きそうな大阪商人の立身出世モノだが、
原作・山崎豊子。本人の生家がモデルの処女作なんだそう。
川島監督は洒脱な都会派だと思っていたのでちょっと意外。
しかし、そういう出世モノにありがちな陰湿で重苦しい話にならず、
笑いを交えた軽妙な作風はやはり川島監督らしい、と言うべきか。

淡路島から単身、大阪にやってきた少年が、
大店の昆布問屋の主人に拾われ、丁稚奉公。
苦労を重ねて商いを学んだ可愛い少年は、なぜか森繁久彌に成長。
やがて主人から暖簾分けしてもらった森繁は、
商いに精進して店を大きくする。
ストーリーは、そんな昆布問屋の二代に渡る繁盛記。
二代目の息子の役も森繁の二役。
とにかく、上映時間の多くを森繁で埋め尽くされた、
モリッシーマニアにはたまらない内容。
アクティブなラガーマンの二代目森繁。
走り回る森繁。
単車を乗り回す森繁(タンデムする中村メイコ)。
一人で愚連隊を叩きのめす森繁。
闇屋をやってる元使用人をタレ込んで店を奪い取る森繁…。
まさに『森繁久彌・やらずぶったくり』。素晴らしい不良番長ぶり。
知床旅情歌ってたり、葬式で弔辞読んでたりするのとは
違うアグレッシブな森繁の姿。50年も前ですもんね。
奥さん役の山田五十鈴は50年前も今もあまり変わらず。

関西を襲った室戸台風の場面では、短いながらも
ミニチュア特撮も交えたダイナミックなスペクタクルが描写される。
意外な見せ場に大満足。
一人二役のマスク合成も、モノクロゆえに自然な仕上がり。
特撮のクオリティの高さは東宝系列の宝塚映画制作だからだろうか?

ネイティブな大阪弁飛び交う映画だが、
当方が関西人でないからか、出演者の大阪弁に不自然さを感じない
(もっとも、現地の人が見たらまた違った感想のような気もするが)。
ともかく、2時間超の上映時間も苦にならないのはさすが川島雄三。
今後の上映作品も楽しみだ。






テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

東宝 | 01:08:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
無宿人御子神の丈吉・牙は引き裂いた
丈吉

北米版DVD『無宿人 御子神の丈吉』三部作の
1作目『同・牙は引き裂いた』を鑑賞。

製作は72年。
テレビ「市川崑劇場・木枯し紋次郎」の成功を見た
市川崑の古巣・東宝が
同じく笹沢佐保原作を大映の池広一夫を招聘して東京映画に作らせたもの。
池広監督は「紋次郎」も何本か撮っている。何でも撮るね。
主人公・丈吉に原田芳雄。いつもの(70年代の)芳雄さんだ。

元・渡世人だったが、足を洗って細工師として暮らす丈吉。
貧しいながらも妻子と幸せに暮らしていたが、仕事で遠くの街に
行く途中、かつて妻を巡って争った悪徳やくざ達に捕まってしまう。
落とし前として指2本落とされ、ようやく我が家へ帰ってみれば、
妻子は惨殺されていた。
黒幕は名高い国定忠治だと知った彼の復讐の旅が始まった。

その後、温泉宿を舞台に紋次郎ライクな展開が続くが、
そこで知り合った腕っ節の強い渡世人(峰岸徹)が実は
国定忠治だと知った丈吉。
悪人達の企みで刀を持たない丸腰で包囲され、
更に今までの展開は野呂圭介もビックリの壮大な「ドッキリ」であった事を
知らされ(そんなバカな!笑)、危機一髪。
しかし丈吉は秘技「猫ちゃんのツメ」で逆転。
そこへ前後のストーリーも破壊して都合よく現れる助っ人。
黒い三度笠に黒い合羽、おまけに黒いアイパッチ、
「超合金魂木枯し紋次郎・限定ブラックバージョン」みたいな中村敦夫だ。
2人の活躍で死屍累々、しかし忠治は逃げた。
幸薄ヒロイン松尾佳代の事はすっかり忘れ、
丈吉・ザ・リベンジャーの旅は続く。

愚直なぐらい「マンマ」な紋次郎のエピゴーネン。
丈吉が引きの画で杉の木をバックに山道をズンズン歩くところとかソックリ。
ラストに流れるイメージソングも「♪ど~こかで~ だ~れかが~」に
聴こえるし。
もちろん、つまらない訳ではない。
時代を反映して、血しぶき舞い散るマカロニウェスタン風。
殺された妻(子も)の復讐、主人公が負う肉体のハンディキャップ、と
モロに『ジャンゴ』。
アウトロー時代劇ファンなら必見だ。
同じ東京映画の『修羅雪姫』とも雰囲気が似てるなあ、と思ったが、
プロデューサーが同じで、スタッフ、キャストの一部も重複している。
国内盤未リリースなのは残念だ。

本編中、一番、印象的だったのは、
「丈吉のメインテーマ」みたいな曲が
「緊急指令10-4・10-10」のBGMと
同じメロディーでアレンジも同じだった事。
音楽は両方、渡辺岳夫さんだしね。偉大なるマンネリズムに乾杯だ!
そういえばこないだ見た『実録・私設銀座警察』の巻末の
『実録安藤組・襲撃篇』の予告のBGMは「シルバー仮面」の
流用でビックリしたっけ(音楽は両方、日暮雅信)。
まあ、どうせそんなの気になるのは俺ぐらいか…。



テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

東宝 | 18:09:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
軍旗はためく下に
軍旗

またまた映像文化ライブラリーにて。
今回の上映は丹波哲郎追悼なんだそう。
しかし劇中でも既に丹波は死んでおり、
ニューギニア戦線で亡くなった丹波の死の真相を、
戦後、未亡人である左幸子が生き残りの戦友を訪ね歩いて
明らかにしていく、という構成。

『ゆきゆきて神軍』との類似性でも語られる本作。
想像通りの重いテーマを扱っているが、
決して重苦しいだけではなく、一時間半以上の尺を
飽きさせず見せきるのはさすが監督・深作欣二。
ラッキー7のコントまでが織り込まれ、それが
ちゃんとストーリーに関わっている。
娯楽性とテーマが巧みに同居している、と言うべきか。
コントの後、白塗りの顔で証言する関武志の
なんともいえないハードボイルドさにKO。

奇麗事では終わらせない実録の深作、
丹波と左、藤田弓子と小林稔侍の夜の生活までフォロー。
丹波の部隊の髭面の夏八木勲は南方戦線が似合いすぎだ。
子供の頃、見たNHKの「鳩子の海」を思い出した。
二谷昇の『地獄の謝肉祭』は強烈。

いつもはざわざわ騒がしい劇場内も、
今日は水を打ったように静かだった。
客の大半を占める戦争経験者には結構、キツかった事だろう。
『仁義なき戦い・エピソード1』だと言っても
良い様な実録戦争映画だった。





テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

東宝 | 17:21:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
漂流
チャンネルnecoにて視聴。

昔、レンタル屋でビデオのパッケージを見たが、岩場にむさ苦しい原始人みたいな男が立っている写真にタイトルと「監督・森谷司郎」とだけ書いてあった記憶がある。今回、主人公であるその原始人は北大路欣也であることが判明した。本作は北大路主演の和製ロビンソン・クルーソーである。

南の果ての鳥島に漂着した土佐の船員四人。彼らはろくに草木も生えない火山島の過酷な自然の前に一人ずつ命を落とす。
残されたのは身分は低いが生命力旺盛な北大路一人。島に棲息する海鳥を捕らえて喰い、雨水を飲んで命を繋ぐ。鳥の羽で作ったダウンジャケットは暖かそうだが着ぐるみみたいでプリティだ。
余談だがこの映画、ホントに海鳥を叩き殺してるぞ。リアリティを追求するためとはいえ、その鳥、保護動物なんじゃ…。

孤独に折れそうになる北大路だが、遍路だった母親(三田佳子)の遺言「命はかけがえが無い」を思い出し、奮い立つ。
奮い立ったはいいんだが、デカイ鳥の羽を作って飛んで島から脱出しようとする発想のフライングぶり。その姿は早すぎた鳥人間コンテストの様でもあるが、残念ながらパフォーマンス部門でのエントリーだったらしく、即、落下。

島に着いて9年後、岸田森、樋浦勉、渡瀬恒彦といった妙に人相の悪い男達が漂着。流人かと思いきや江戸の漁師達だった。
彼らは先住者・北大路と共に孤島の生活に順応しようとするが、狂犬・渡瀬はいつも通りのアマノジャクぶりを発揮。その発言で他の人間の心を逆撫でする。挙げ句の果てにもみ合ったはずみで仲間の一人を刺殺。バラバラになる全員の心。

だが「力をあわせれば何でも出来る!」という北大路の熱い説得に打たれた岸田達は流木を材料に船を造り、島を脱出しようとする。それでも渡瀬は心を開かず、あまつさえ完成間近の船に火をつけ燃やそうとする。
しかし、遂に活動を再開した島の火山を見て一致団結。突貫で船を完成させる。直後、嵐が押し寄せ、船を守ろうとした渡瀬は船に挟まれ死ぬ。数々の苦難を乗り越え出航した一行は数日後、陸地に辿り付くのであった。北大路が土佐を出て実に13年が経過していた…。

二時間半の長尺、登場人物は数名(回想は除く)だが飽きさせられる事はなかった。なんと言っても過酷な自然の情景の数々が素晴らしい。撮影の苦労が偲ばれる。さすが『日本沈没』、『八甲田山』と大作ならおまかせの森谷司郎。自然と人間との戦いを骨太に、そして時に繊細に描き切っている。
髭ボウボウのワイルドメン・欣也はハマリ役。原始人のような姿だが不思議と清涼感が漂っているところは育ちのよさゆえか。後半の同じくワイルドメン・渡瀬とのやりとりは 『仁義なき戦い』を思い起こさせた。
音楽は何故か個人名ではなく「ヤマハ」と企業名がクレジットされていた。ヤマハ系のミュージシャンがプロジェクトチームを作って担当したようである。エンディングには「主題歌・谷山浩子」とクレジットされてたが何故か歌は一度も流れなかった。『風の谷のナウシカ』の安田成美みたいなイメージソング?



テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

東宝 | 21:07:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る
ドクロを取った状態

藤岡琢也が亡くなった。
フジタクと言えば我々の世代にとってはやはり「サッポロ一番」のCMで十年一日の如く唄い踊っていた色眼鏡のおっちゃんではないだろうか?一時期、エースコックのCMで石立鉄男が「わーかめスキスキー!」と叫んでいたのはきっと対・フジタク対策だったのだろう。しかし石立CM終了後もフジタクCMは続き、本家の強さを見せつけた。
珍しいところでは劇場版『うる星やつら2』の夢邪鬼。イイ声だった。
近作では『渡鬼』の鬼役か。最近、鬼役がフジタクからスーパージャイアンツにチェンジしており、てっきりフジタク亡くなってるもんだとばかり思い込んでいた…。大変失礼しました。
今日はいつものごんべすコレクションより『紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る』を視聴。
これにフジタクが出てるという事は前々から聞いていたが今回が初見。
'72年東宝製作。脚本・笠原良三。監督は『東京湾炎上』の石田勝心。
公園でフジタクの紙芝居を見ていた異常に老けた画学生・小林桂樹が空腹のあまり卒倒するシーンからスタート。フジタクの家でドンブリメシ二杯をかき込む桂樹。気分は裸の大将だ。
絵の腕を認められた桂樹はフジタクの紹介で因業な紙芝居元締・北林谷栄&小沢昭一親子の許で紙芝居画家となり、やがて一世を風靡した『黄金バット』を手掛ける、という紙芝居業界栄枯盛衰ストーリー。
どう見ても中年の桂樹が30前の青年だったり、桂樹vs昭一の恋の鞘当て、とか異様なシチュエーションの連続だが、それもそのはず、この映画は戦前から戦時中、戦後のテレビの登場までを描く大河ドラマ。ストーリーの進行とともに違和感は無くなってくる。
出演者の中では小沢昭一が「戦前・エセ左翼→戦中・物資横流し→終戦直後・ニセ三○人→戦後・インチキ芸能プロ社長」というC調な役柄を「小沢昭一的こころ」たっぷりに演じていて素晴らしい。
我らがフジタクは妻子を養うための紙芝居で名調子を聞かせる。紙芝居に没頭するあまり、妄想の中で黄金バットに変身、リングでナゾーと一騎打ち→勝利して妻の石井富子と熱い抱擁、といったフジタクマニアには堪えられない場面も(画像参照)
一応、喜劇仕立てなんだが最後はテレビに押され没落した紙芝居業界、という湿っぽい場面で終わる。
更には「懐かしの紙芝居コンクール」会場に向かうフジタクが車に轢かれ即死、とダメ押し。
どうも日本の喜劇は油断すると最後に湿っぽい方面に収束される傾向にあるなあ。
しかしフジタクの名調子は十分、堪能できた。ご冥福を祈ります。







テーマ:邦画 - ジャンル:映画

東宝 | 17:32:03 | トラックバック(0) | コメント(1)
死ぬにはまだ早い
チャンネルNecoにて視聴。'69年東宝。監督は東宝アクション映画の、というよりテレビの刑事ドラマでおなじみ西村潔。監督昇進第一作らしい。
ストーリーは、元レーサー(高橋幸治)と人妻(緑魔子)が情事の後に立ち寄ったドライブインに拳銃を持った若い男(黒沢年男)が立て篭もって、と言うもの。
最初の十数分は高橋の運転する車の中の話だが、後はずっとドライブインのセットでの密室サスペンス。人間のエゴむき出しのドラマはなかなかスリリングだった。高橋と緑のカップルは二人とも体温低そうでお似合い。黒沢が思いつきで提案するバカな要求をクールに見つめる瞳がセクシー。黒沢は恋人が浮気したのに逆上して恋人を殺害、ドライブインで待ち合わせているはずの間男を殺しに来た若者。短気で頭悪そうな若者がものすごくハマっている。最近のバラエティで見せる頭のネジのずれたオヤジキャラももしかして演技?
一夜の話なので照明は終始真っ暗。テレビでは少々見にくかった。あと妙に静かな映画だな、と思ったら劇伴が全く使われておらず、音楽はカーステやジュークボックスから流れる当時の流行歌のみ。しかもご丁寧にフルコーラス流れる。その辺がビデオが出なかった理由なのかも。
個人的にはドライブインで最初に流れている曲がゴールデンカップスの「クールな恋」で感動。カップスファンの私は「この頃の曲だったのか!?」と一人興奮してしまった。



テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

東宝 | 19:20:26 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。