■プロフィール

赤田ペン吉

Author:赤田ペン吉
バカ映画ハンター。
「バカ映画」の定義は、バカな映画と言う意味ではなく、バカ(赤ペン)が好む映画のことです。映画作品を貶める意図はありません。監督およびすべてのスタッフの皆さんにリスペクト!

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
力王


マイミク・Kさんにお借りしたレンタル落ちビデオ。
この映画、前々からかなりの怪作であることを聞き、気になっていたんだが、ようやく観る事が出来た。Kさん、ありがとう!

ビデオをスタートするとまず画面に映ったのは「皆さん、こんにちは」と挨拶するJJ・ソニーチバ!!
え、出てたの!?と驚いたが、要は同じメーカーから出たチバ監督作のVシネマ『覇権』の予告なのだった。
主演は元JACで「サイバーコップ」にも出てた人(故人)。
これも何かの因果であろう。

『力王』は同名の日本の漫画を香港で映画化したもの。漫画の方は昔、読んだ記憶があったのだが、この作者の漫画は似たような内容ばかりですっかり忘却の彼方だった。
監督は日本との合作『孔雀王』のラン・ナイツァイ。
ビデオは吹替え版で、中国風にアレンジしてある登場人物の名前がわざわざ原作通りに改めてある。もしかして字幕版は存在しないんだろうか?

主人公・力王役は見たこと無い香港の俳優。劇画風の濃い顔だが、素の表情はどことなく若人あきら似である。しかし苦悶する時の顔は劇団ひとりにも見える。
力王の気功の師匠に我らが丹波哲郎!仕事を選ばない日本のオーソン・ウェルズの面目躍如。残念ながら吹替えの声は別人(似てない)だが、語尾に「あぁ~、う~ん」と付ける「タンバ呟き」が再現されていて笑った。

さきほど「忘却の彼方」と書いたが、観ているうちに20年近く前に読んだ原作の記憶が甦ってきた。
そう、この映画は原作に非常に忠実なのだ。それこそどうでもいい脇のキャラクターの瑣末な描写まで。もしかして、台本の代わりに漫画をコピーして配ってたんじゃないか?と思えるほどに。
普通、漫画原作の映画は、実写化に無理がある部分を改訂するためや、「映画」ならではの特色を出すために、内容をアレンジされる事が多い。その微妙な匙加減によって出来、不出来が決まったりするわけだが、この映画に関してはその心配は無いわけだ。
しかし、コミック何冊分かが90分ほどで消化されているのでストーリーはほぼダイジェスト状態だ。
もっとも、原作も裸で戦ってばかりの内容なのでこの映画化にはこういう方法論がベストなのかもしれない。

原作で見た「パンチ一発で顔面粉砕」、「巨大ミキサーで人間ミンチ」とか「切れた腕の腱を結んでつなぐ」といったグロテスクな描写が何の衒いも無く映像化されている。これがリアルに仕上がっていると見るに耐えない場面になることが多いが、幸い特殊メイクがチープなので救われる。
パッケージの背に可愛らしく写ってるヒロイン・グロリア・イップの衝動的な飛び降り自殺にもド肝を抜かれた。
エキセントリックな登場人物、エスカレートするバイオレンス描写のたたみ掛けは、かの『ブレインデッド』を思い起こさせた。
正にこの頃の香港映画の底力を感じさせる一本。

しかし、日本市場も視野に入れていたであろうこの『力王』、日本では劇場公開されたんだろうか?この映画の今現在の知名度からしてせいぜい新宿の単館での一週間の公開、と言ったところか。
個人的にはバカ映画ファンなら決して見逃してはならない一本だと思った。堪能させていただきました。



スポンサーサイト

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 22:12:13 | トラックバック(0) | コメント(3)
キングボクサー 大逆転
レンタルDVDにて。
'72年香港ショウブラザース製作。主演は「吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー」の悪役ロー・リエ。
冒頭、『ウルトラマン』のオープニングみたいな影絵に文字のタイトルバック。ただし影絵は怪獣のシルエットではなくよくわからない適当な形。
田舎のカンフー道場に通う青年・チャオ(ロー・リエ)。腕を上げたチャオにもはや教えることの無くなった師範は武術家・スンの弟子になる事を命じる。親代わりの師範を想い、師範の娘・インインを愛するチャオはためらうが、スンに弟子入りする事になる。
スンの道場で待っていたのは過酷な下働きの日々だった。重労働にじっと耐えるチャオ。一年後、スンは弟子入りを許す。重労働はチャオの肉体と精神を鍛えるためだった。
稽古を始めたチャオは見る見る上達。中村嘉津雄似の兄弟子も押しのけ、秘伝の鉄掌を伝授される。面白くない兄弟子は悪の道場主・モンと結託。チャオを罠にはめリンチ、手を潰させる。
武術大会を目前に傷心のチャオだが、師範ともう一人の兄弟子に鍛えられ回復。嘉津雄似と武術大会出場を賭けて試合、見事、勝利する。
チャオに敗れた事をモンに報告した嘉津雄似は用心棒の日本人武術家・岡田らに叩きのめされ、モンの息子に目玉をえぐり取られ、街へさ迷い出る。
ついに武術大会。勝ち上がったチャオはモンの息子と決戦。必殺の鉄掌で勝つ。歓喜に沸きあがる会場。そのドサクサにスン師範はモンに暗殺される。
モンが道場に帰ると暗闇の中に嘉津雄似。「ここなら互角」と襲い掛かり、モンの息子の目をえぐる。抵抗するモンは誤って息子を殺してしまう。モンは嘉津雄似を殺した後、スンの仇を討つためやって来たチャオの前で自殺。
モンの道場の帰り道、襲い来る岡田。日本刀の攻撃に苦戦するチャオだが必殺の鉄掌が炸裂、勝利する。
この映画は当時、欧米で公開されヒット。目玉をくりぬいたり、手刀で額がゴケミドロみたいに裂けたりといった残酷描写がうけたのだろう。それを見たワーナーが「燃えよドラゴン」の製作を決めたというから人気の程がうかがえる。だが日本では「燃えよドラゴン」公開後に公開されたが、ヒットしなかったという。主演のロー・リエは栄養状態の良い爆笑問題・太田みたい。他の人も泥臭い男ばかり。ブルース・リーのような華も武術の冴えもないのでは無理な話だったのだろう。ストーリーは善対悪の道場~悪の道場の日本人用心棒~リンチ~ハンディキャップ~修行~復讐~勝利というお決まりのパターンな上、キャラクター描写が適当で、悪だった奴がいきなり善に寝返ったりご都合主義の嵐。あと目玉えぐられたら普通は痛みでのた打ち回るんじゃないのか?殺陣も吹替え丸出しであまり迫力が無い。しかし主人公の感情が高ぶると『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲のイントロのサイレンが鳴り響き、鉄掌を使うと手が光る(ただし、合成ではなくて照明効果で)のが面白い。『アイアンサイド』のイントロ使用はこれまた『キル・ビル』で「オマージュ」という名のパクリをされている。マニア向けのカルトな一本。





テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 14:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー
レンタルDVDにて。
この映画は'70年香港・ショウブラザーズ製作、「天皇巨星」ジミー・ウォング監督・主演。
ジミーの道場に柔道家が道場破りにやってくる。その日はあいにく師範が不在。ジミーらは柔道家になすすべも無く倒される。やがて帰ってきた師範は柔道家を倒すが、柔道家は「一ヵ月後に空手家を連れてくる」と捨てゼリフを吐いて去る。
一ヵ月後、沖縄から茶髪の空手家・北島(ロー・リエ)が二人の弟子を率いてやってくる。北島は激昂するとジャンプして天井を突き破るヤバい男。さっそく、ジミーの道場の人間を皆殺しにする。
重傷を負いつつも命は助かったジミー。街では空手家と柔道家が非道の限りを尽くしていた。師範の残した言葉通りに素手で焼けた砂を突く&重りを入れたズボンで高跳びの練習。腕を上げたジミーは何故か給食当番が使うようなマスクをつけて街に出る(笑)。
正体を隠して柔道家達の賭場で暴れまわるジミー。刺客に追われるが、特訓を重ねたジミーは無敵。助っ人の剣道家達を次々と倒す。
やがて最後の決戦。正体を明かしたジミーは北島の弟子と柔道家を倒し、北島と1対1の勝負。いったんは敗れそうになるジミーだが、必殺の突きが北島の横腹に炸裂。辛くも勝利した。
ジミー・ウォング初監督作品。善悪の道場の対立、悪側の日本人武道家、ジミーの(無茶な)修行等、後の「片腕ドラゴン」とそっくりな話。腹を突き破ったり目玉を潰したりの残酷無比なジミー節はこの映画で既に確立されている。カンフーの腕前とかで揶揄される事の多いジミーさんだが、映画監督としての腕前は相当なものがあるように思う。特に「今、観客が何を欲しているか」という事を察知するマーケティング力が(笑)。この映画、最近では「キル・ビル」の元ネタの一本としても知られているが、当時アメリカでこの映画を観たブルース・リーが「俺ならもっとうまく作る!」と憤慨して香港での映画製作を決めた事でも有名だ。ある意味、エポックメーキングな一本。しかし私は誰がドラゴンで誰がジャガーだか最後までわかりませんでした。誰か教えてください。





テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 21:09:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
片腕必殺剣
レンタルDVDにて。
'67年製作の香港映画。監督は倉田保昭の出演作も多く撮っているチャン・チェ。主演は「天皇巨星」ジミー・ウォング。
ジミー・ウォングの「片腕ドラゴン」の原点として知られていた本作。原題「獨臂刀One-armed Swordsman」。
幼い頃、道場の師範を守るため死んだ父を持つカンは、師範から武術を授けられ道場の後継者と目されていたが、兄弟子達に妬まれ道場を出て行く事に。師範の娘はカンを密かに想っていたのだが、嫉妬心から彼の片腕を切り落としてしまう。瀕死のカンは農家の娘に手当てされ、娘と暮らそうとする。しかし、娘がならず者にからかわれても守る事も出来なかったカンは残った片腕で武術の特訓を始める。武術家だった娘の亡き父の残した秘伝書で片腕での剣法を編み出したカン。しかし同じ頃、師範の道場には非道な敵の流派が迫っていた、という話。
ハンディキャップ剣士物ということで、当時アジアでも人気があったという「座頭市」の影響が色濃い一本。カンのアクロバティックなアクション。ハンディキャップをさげすまれる者の悲しみなど共通項も多い。しかしチャン・チェ監督の演出は本作を「座頭市」の単なるパクリに堕することなく重厚でオリジナリティ溢れる作品に仕上げている。ジミー・ウォング自身の監督作「片腕ドラゴン」、「片腕カンフー対空とぶギロチン」のような荒唐無稽(そこがいいんだけどね)なものを想像していたので意外だった。この映画のリメイクであるツイ・ハーク監督の「ブレード・刀」も先に見ていたのだが、ストーリーは変えてあるものの師範の娘との関係などにかなり本作のイメージが残っている事に気がついた。続編が多数作られた事も納得の傑作。殺陣も頑張っていてジミーさんをみなおした(笑)。





テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 13:33:04 | トラックバック(0)
SPIRIT
近所のシネコンにて鑑賞。
タイトル見て「ああ、最近よくある英単語タイトルのお上品なお芸術香港映画か…」とスルーする予定が原題「霍元甲」と知っていそいそと映画館へ。
霍元甲は実在した武道の達人で 精武門という道場を作った事で知られている。若くして病死しているが、日本人に毒殺されたのだという説も根強い。ブルース・リー「ドラゴン怒りの鉄拳」は原題「精武門」で、悪い日本人に殺された霍元甲の 弟子の復讐譚。
観に来てるのは自分みたいなジージャンズばっかりかな?なんて予想に反して客の大部分はカップル。祝日のレイトショー、映画の内容は何でもよかったのかな?それとも彼女がリー・リンチェイor中村獅童ファン?
思えばリンチェイの映画を映画館で見るのは初めて。「少林寺」で初めて彼を知った我々の世代は未だに「ジェット・リー」って名前が馴染まない。私は中学生の頃から「リンチェイって春風亭小朝に似てるな」と思っていたが、相変わらず庶民的だが愛想が有りそうで無い顔だ。
劇中の元甲は最初、武術は一流だが精神が未熟な男として 描かれている。実際のリンチェイも普段は無愛想でロクに挨拶もしないなんて話もあるのである意味ハマリ役だった(笑)
そんな元甲が己の未熟さゆえに何もかも失ってどん底に落ち、山奥の少数民族の人達に助けられ、人間として大事なものを見つける、という展開。
ヒロインである少数民族の盲目の女の子にちょっと萌え。NHKの朝ドラ「こころ」の主人公似でもあったが…。
最後は史実に基づいて天下一武道会(笑)。そこでやっと中村獅童登場。彼の演技は今回も正直微妙だったけど、頑張ってたのは認めたい。格闘シーンは吹替えミエミエだったけどしょうがないでしょう。リンチェイの三節棍に日本刀で互角に渡り合えるのは故・若山富三郎御大ぐらいでしょうから。中村獅童はなんたって尊敬する萬屋錦之介御大の甥。これからも自己研鑽に励んで頑張ってもらいたい。



注意!ここからネタバレあり

続きを読む >>

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 11:35:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
Mr.Boo!
Mr.Boo DVD-BOX

去年の夏、買った物を再見。ゴールデン洋画劇場のミスター・ブー吹替版は当時中学生だった我々の世代には伝説のシリーズだった。マイケル・ホイはもちろん広川太一郎。太一郎伝説はここからスタートしたのだ。放送から20年以上経ち、ホントに伝説になりつつあったが、去年、まさかの吹替収録版DVDのリリースがアナウンスされ、中年にさしかかった全国の同世代人を狂喜させた。まるで「プロジェクトX」!もちろん私も当然の義務として購入しましたとも。今日はその中でもヴィンテージ度が際立つ一作目を観た。一作目といいつつ日本公開が最初だっただけで製作順は日本公開順と一致せず、そもそもシリーズですらないのだが。今作は昨今のお笑いブーム以上の過熱振りだった当時のMANZAIブームの余波で下の弟二人をツービートが担当。今や「世界のキタノ」が「コマネチ!」なんて持ちネタを披露している。サミュエル・ホイはハンサムなヤサ男なのだが、タケちゃんが演じるとヤクザも一目置く武闘派だったという本人の若かりし頃を彷彿させるチンピラに仕上がっているのがおかしい。小心者のリッキー・ホイにきよしさんはハマリ役。ラストシーンは割舌悪く落とす名人芸を聞かせる。後のシリーズと比べると広川太一郎のダジャレは抑え目だが、そのぶんリズミカルな話芸の妙が冴え渡っている。ベタなギャグの連続の本編をこれだけ面白くしたのは広川節あればこそだろう。やっぱりマイケル・ホイは太一郎、ジャッキー・チェンは石丸博也だよなあ。



テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

香港映画 | 23:19:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。